トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:Arts ( 18 ) タグの人気記事
セザンヌ主義【エクスの思ひ出】その②。
d0032633_4121499.jpg ※①はコチラ
市の立っていたPlace Richelmeプラス・リシェルムを抜けて
市庁舎前に出る。
ここにも噴水。泉や噴水が多いのもエクスの特徴だ。
d0032633_4294676.jpg

と、市庁舎にたなびく旗に目を奪われる。
あの赤と黄のストライプは。カタルーニャのシンボルのはず。
幾つかの紋章が組み合わさった、というのは欧州ではよく見るスタイルだが。
まさか此処でカタルーニャ模様に出くわすとは考えてもみなかった・・・。
しかも!
そればかりではない。
これまた馴染みの、エルサレム王国のマークも入っているではないか!

More
[PR]
by micak | 2009-04-11 04:35 | 旅行・地域
Alatristeで歴史!そのⅣ、と言うより脱線して浅く美術話。
d0032633_628949.jpgWOWOWでピーター・グリーナウェイの“レンブラントの夜警”をやっていたので、観た。
レンブラント(1606-1669 )の時代にオランダは独立する。
劇中でもやはり時折スペインという言葉が出てくるが、
それは大抵過去の栄光を皮肉る嘲りネタ・・・・。
独立の経緯からして“新しい”オランダ、それは今尚脈々とオランダという国のカラーとなっている模様。
それまで多くの芸術家達は王侯貴族や教会の庇護を得て大成してきた。
が、レンブラントはもしかすると
時代がまだバロックであるにも拘らず、そうしたスタイルから脱却し、
一般市民に支えられて成功した初めての画家なのかも知れない。

More
[PR]
by micak | 2009-03-18 06:45 | アート
セザンヌ主義【エクスの思ひ出】その①。
d0032633_5225215.jpg先日、近代美術館で催されている
“セザンヌ主義”展を観に行った。
セザンヌ自身の作品も含め、
その影響を受けた様々なアーティスト達の作品展。
これが“セザンヌの展覧会”という事であるのなら、
有名な作品がフランスから来ている訳ではないので、
物足りない感は否めない。
しかしセザンヌが後世に与えた影響がどれだけ大きかったかという事を
示す展覧会としてなら、かなり充実。
面白い企画だと思った。

More
[PR]
by micak | 2009-03-15 05:35 | 旅行・地域
Alatristeで歴史!そのⅢ、と言うよりベラスケス。
d0032633_4291796.jpgスペインでマニエリスムからロマン主義時代にかけ、
宮廷画家として活躍した巨匠と言えば、
エル・グレコ(1541-1614 )、ベラスケス(1599-1660 )、
ゴヤ(1746-1828 )。
エル・グレコはフェリペⅡの治世、ベラスケスはフェリペⅣ、
ゴヤはカルロスⅢ。
エル・グレコは決してフェリペⅡに気に入られていた訳ではなかったらしいが
(まあ、あの画風では豪華な城を飾る豪華な絵画には相応しくないだろう・・・)、
色々事情があって結局宮廷画家の地位に就いた模様。
ゴヤの時代には既にスペイン王家はハプスブルクではないし、
彼について語るならまた別の機会にじっくりと時間を割きたい所なので
此処では触れない。
手元に日本語版プラド美術館の図録が有るのだが。
(これを買った当時はまだスペイン語は全くできなかったので、日本語版を購入した。
美術館の図録は日本語版がオリジナルより高かったり良くなかったりする事があるので、
そういう時はオリジナルを買う様にしている。)

確か、ベラスケスに依るフェリペⅣの肖像画はもっと沢山あったはずなのに、
1枚しか載っていない・・・・そんな馬鹿な!
勿論、図録は全ての作品が載っている訳ではないから
掲載リストからはずされた作品もあって当然なのだが、
目玉の一人のベラスケスなのに、余りにも少ない。

という事で、フェリペⅣコレクション@The Web Gallery of Art!
[PR]
by micak | 2009-02-22 04:48 | 雑学
レオナール・フジタ展。
d0032633_3375787.jpg昨日、やっとレオナール・フジタ展を観た。
北海道立近代美術館のこの夏のビッグ・イヴェントだった訳で、
地元新聞でも特集が多く組まれ、注目度大。
夏休み中だと混んでいそうだったし、9月までやっているから、と
のんびりしていたら行くのがこんなに遅くなってしまった・・・。
なんと、カレンダーを見ると、行ける日は今日しか無いではないですか!
という事で、慌てて行った・・・・。

More
[PR]
by micak | 2008-08-27 03:35 | アート
本日のStéphane☆【新EXの噂】。
d0032633_6291640.jpgいよいよ今シーズンの新プログラムの内容もだんだんと見えつつあるこの頃。
灯台下暗し。
Wikipediaの英語頁に載っていた・・・・。
 ※後日加筆;
“Wikipediaだけでは情報として当てにはできない”とのコメントを頂きました。
正式に発表されているわけでも、他のニュースになっているわけでもないので、
確かにそうでしょう。
ただ、以前から申しております通り、此処をステファン君情報発信所にしているつもりはありません。
(まだファン歴数ヶ月な上色々忙しい自分にそんな能力はありません。)
此処はあくまで個人的な視点から思った事を様々自由に書いている普通のブログです。
今回もリヒャルト・シュトラウスの“サロメ”に思う所があったので取り上げたまでです。
それに実際のEXプログラムが違うものだったとしても、
“サロメ”だったら面白いだろうな、という想像を一時巡らすのは楽しい事だと思うのですが・・・。


More
[PR]
by micak | 2008-08-09 07:06 | Stéphane Lambiel
コピー、イミテーション好き?
d0032633_719461.jpg某クレジットカードから毎月請求書と共に送られてくる月刊パンフレットを見ていて。
大塚国際美術館の紹介が載っていた。
・・・・・・。
コレってどうなのだろう?

ちょっと辛口?
[PR]
by micak | 2008-04-15 04:20 | アート
マンチェスター、倫敦、イングランド・・・。 Vol.6二日目 【 The Lowry 】
d0032633_3162813.jpgその外観はビルバオ(西)のグッゲンハイム美術館を思い出させる。
(グッゲンハイム程エキセントリックではないと思われるが。)

因みにグッゲンハイムフランク・ゲーリーのデザイン。
d0032633_364475.jpg


More
[PR]
by micak | 2008-04-06 03:26 | 旅行・地域
ダリ~そのⅡ。
※Ⅰはコチラ
エキセントリックさばかりが目に付くダリだが、
此処ポール・リガの家を見ると
彼の繊細さやロマンチックさやガラに対する愛情が垣間見えて、
好感が持てる。
d0032633_2271267.jpg
港と言うにも余りにも小さい。
彼等が暮らしていた当時のまま、殆ど変わっていない。

More
[PR]
by micak | 2007-09-08 03:47 | 旅行・地域
ダリ~そのⅠ。
d0032633_6341643.jpg火曜日にやっとダリ展を観に近代美術館に行った。木曜日で終了なので、滑り込み。
平日なので空いているかと思ったのだが、甘かった!
凄い混雑・・・・へぇ、ダリってこんなに人気があるのか。
老若男女入り乱れ。
ゴッホの時も混んでいたが、もっと凄いかも。
ダリというのは所謂“風変わりな”“訳の分からない”作品を創る変人と思われているはずなのだが・・・。
特に、イマドキな風貌の若い世代が多かったかも知れない、ゴッホ等に比べると。
つまり、訳が分からなくてもとりあえずカッコイイと思われているのだろう、ダリは。
冬のヴァカンスでフィゲラスとカダケスに行ったので、
同じ作品ばかりで面白くないかも知れない、とあまり気乗りしていなかったのだが。
今回の展示ではカタルーニャのダリ財団の物つまりフィゲラス・カダケスの物ばかりではなく、
フロリダはセント・ピータースバーグのダリ美術館からの出展が多く在った。
初め、作品の横に“Saint Petersburg, Florida”と札にあるのを見て“?”と思った。
サンクト・ペテルブルクが何故フロリダなのか、とか・・・・(馬鹿)。
フロリダにこんな立派なダリ美術館が在るなんて、全く知らなかった・・・・失礼しました。
という訳で、まだ生では未見の作品も観る事ができて、混雑にも関わらず意外と楽しかった。

More
[PR]
by micak | 2007-09-07 06:38 | アート


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧