トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:映画 ( 41 ) タグの人気記事
色々。
d0032633_6584237.jpg①“Volver”観た。
相変わらず濃い血な南欧州なアルモドバルの世界。
希薄な人間関係が普通になってしまった今、
この“濃さ”や“生身の匂い”は時に重く、息苦しい。
決して目を逸らす事も誤魔化す事も無く、心の内側に踏み込み・訴えかける、
その容赦の無さは時に痛く、鬱陶しい。
だが、我々は赤い血と熱い肉を持った人間なのだ。
ぺらぺらな・ケータイな・逃げ腰な人との繋がりが決して正しくは、ない。
そんな事をアルモドバルの作品や或いはその他の欧州(特に南欧)や南米の映画を観て
時々思う。
そんな事をヴァカンス中(特に南欧)でも感じる事がある。
そう言う自分もぺらぺらであっさりした人間関係の現代に長く暮らしているし、
所謂“しつこい&どろどろ”のは嫌いなタイプでもあるし、
そうした事は確かに“重い”のだけれど。
アルモドバルはだからと言って憎しみを抱いているのではない、
むしろ非常に愛しているのだ、人を、人間関係を、この世を。
愛故の辛辣さと言おうか。

More
[PR]
by micak | 2007-09-15 04:42 |
観たい!
d0032633_641591.gif久しぶりに真面目に葡語の作文していた今日は、もうブログネタを考えるエネルギーが無い。
ので、自分用メモ。
①“Volver
②“Miss Potter
③“題名の無い子守唄
④“Angel
トレイラーはコチラ
此処、オゾン監督のオフィシャル・サイトで便利!

既に公開されている物・日本公開が決まっている物のみ。
それにしても、いや~、余りにもオーソドックスでスクエアでコンサヴァか・・・・。

そして、“300”DVD(しかも冑付きデラックス・エディション)が発売になる26日が楽しみ!
(お、これは“オーソドックスでスクエアでコンサヴァ”ではないかな?)
[PR]
by micak | 2007-09-11 06:02 | 映画
昨日のユアン、今日のユアンvol.75。
d0032633_454942.jpgうぉぉぉぉ、超久しぶり!
まだまだ暑い日が続く模様だが、
日没が早まり、夜は虫の声が響き、ボルドー色のマニキュアも買ったし、
学校に通う子供達の姿も見えるし、
着々と季節は進む。
という事で、頭も涼しくなってきたので、
またぼちぼちユアンを追いかけてみようかと。
(どうやらユアンの舞台を観に、倫敦へ行こうと真面目に考えつつあるし。)
(と、“Othello”が上演されるDonmar Warehouseのサイト
再チェックすると、公開期間は11月29日から2月23日まで、
チケットが一般に売り出されるのが10月15日からとある。
その辺りまでに冬のヴァカンスのラフ・プランを立てなくては。
今年は年末年始の休みは2週間と短いので、やはり2月かな?)
LWD後、“Cassandra's Dream”やら“アレックス・ライダー”やらのネタ、
新作の話題が事欠かないが。
先程TVを何気にぼんやり(昨日も暑くて疲れていた)見ていたら、
“ミス・ポター”の試写会の案内が!一気に眠気も吹き飛ぶ。
札幌の試写はコチラ
試写会があるのはいつも週の中頃が多くて、
まず仕事の関係で行けないのだが。
とりあえずは応募してみるでしょっ!!
名古屋はコチラコチラ
大阪はコチラコチラ
福岡はコチラコチラ
以上。
[PR]
by micak | 2007-08-21 04:31 | Ewan McGregor
“300”ついでに古代ギリシャ、そのⅡ。
d0032633_9465352.jpg前回の記事、分かり難い部分等があったので、補足修正しておきました。
で、その、例の情けない疑問。
トロイア戦争は何時かと言えば、紀元前1250年頃とかBC1195-BC1184等という説がある。
アレキサンダー大王が登場するのはBC356年。
なので、直接テルモピレーの戦いとは関係しないが。
どちらもスパルタとは繋がりがある。

①トロイア戦争の種となったヘレネはスパルタ王Μενέλαοςメネラオスの妃。
ヘレネはゼウスとレダの娘。ゼウスは勿論、ギリシャ神話の神の中の神。
ギリシャ神話に突入すると、また話が壮大になるので、此処では置いておいて。

続き、長いですが・・・。
[PR]
by micak | 2007-07-06 09:47 | 映画
“300”ついでに古代ギリシャ、そのⅠ。
d0032633_5245712.jpg欧州で随分話題になっていたので、気になっていた“300”。
こういう類は、是非とも映画館で観なくては!

・・・・人は、“この映画を史実として観てはいけない”と言う。
だが、“時代劇”好き・歴史に興味のある者としては、
どうしてもまた調べたくなってしまう・・・。
それに、そうは言っても結局史実に基づいた話なので、仕方が無いではないか・・・・。
そう。
スパルタと言えば、アテネのライヴァルの小国で、
貧しくとも強い国家を維持する為に独特の厳しい軍事訓練を国民に課し、
それが今の“スパルタ教育”の語源となっている、位の知識しか無いのだ。
うう。
西洋文明を理解するにはその根源となるギリシャ神話とキリスト教を知る必要があるのだが。
キリスト教に関しては、ほんの少し見てきている、あくまで表面的ではあるが。
だがギリシャ神話となると・・・・しばしば絵画の題材になっているのがぼんやり分かる程度である。
ホメロスもまだきちんと読んでいない。
ソクラテス?サッフォー?
その他についても、アルキメデスがギリシャ領だったシチリアの出身だという事を知っている程度である。
ええと。“トロイの木馬”って何時の話だったっけ?
アレキサンダー大王が登場したのって何時だったっけ?
嗚呼、全然駄目。情けない!

More
[PR]
by micak | 2007-07-01 06:49 | 映画
“サン・ジャックへの道Saint-Jacques... La Mecque”。
d0032633_557586.jpgで、なんで“自転車世界旅行イタリア人”の記事を探してるかと言うと。
昨日観た“サン・ジャックへの道”で思い出したからなのだ。
サン・ジャックへの道、つまりそれはスペイン最北西部のサンチアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路を指す。
で、そのサンチアゴ・デ・コンポステーラというのは12使徒の一人であるヤコブの墓があるとされている聖地。
日本語でヤコブと言われるのが仏語ではジャック、西語ではサンチアゴとなる云々に関しては、
以前“Mot, Palavra, Palabra, Parola(言葉ブログ)”に記した。
昔から人々は何ヶ月も掛け、救いを求めて、命懸けで歩いた。
幾つかあるルート上には宿場町が栄え、美しい教会が点在する・・・・。
映画の中でも語られるが、巡礼というのは宗教を問わず、洋の東西を問わず存在する人間の風習の様だ。
目的地で祈りを捧げるのも重要だが、より大切なのはそこに至るまでだと思う。
敢えて苦労して歩く事で、自らの精神を浄化していく。
歩きながら色々な事をじっくりと考え、自分の歩幅を・身の丈を実感をして感じる。
余計な物は全てそぎ落として、素の自分になる。
・・・これこそ病んだ現代社会に必要な事ではないか?

More
[PR]
by micak | 2007-06-23 06:26 | 映画
(今更ながら)キターッ!!
d0032633_6151564.jpg金曜日の夜、家族旅行で来道している東京のネット友達に会った。
何繋がりかと言うと、SW及びユアン。
で、カワイイのでちょっと気になっていたSWマトリョーシカをプレゼントされた。
(ありがとう!J様!!)
更に日曜日、USの友人に頼んでおいたSW30周年記念切手もやっと届いた。
(Thanks, G!!)
d0032633_695679.jpg
マトリョーシカは、子アナキンやオビ=ワンは兎も角、ダース・ヴェイダーが著しくカワイイ。
切手は、ネット上で見た時はアレレな感じだったが、実物は結構繊細で思った以上に綺麗。

ところで、今夜はF1にリーガの優勝決定と、忙しい・・・。
[PR]
by micak | 2007-06-18 01:16 |
今更、シャープ①。
d0032633_43695.jpg実は、歴史はあまり得意ではなかった。
自分の好きな人物や場所が関係していると、ポイントで興味は持てたのだが。
中学高校の6年間の中で僅かに触れる事のできるソレというのは
あまりに表層的かつ断片的だったし、
自分の納得の行く様に掘り下げるには手に負えない程膨大で深い世界だというのは
察知していたので、遠巻きに牽制すると言うか、中に踏み込むのを恐れていた感があった。
特に自分にとって近代以降は煩雑過ぎて、複雑に絡まりあった糸を解いてみる時間も勇気も無かった。
だが、削ぎ落とし過ぎでゆとりも楽しみも人間味も無い、余りにタイトでつまらない学校歴史から離れてみると、
今、時には一枚の絵に、時には立ち寄った欧州の町に、歴史への欲求を刺激されるのは常と言うか当然で、
ふと気付くと気紛れに調べている自分が居る。
“やっぱり歴史って面白いね♪”と同時に、
“やっぱりもっとちゃんと勉強しておくべきだったね・・・”なのである。

前置きはこれ位にして。
先日、葡萄牙絡みの昔からお世話になっているサイトの掲示板で、
Sharpe”の事が話題に登った。
・・・・Sean Beanも好きな俳優の一人だし、以前からこれは観たいと思っていたのだが、
シリーズ物は長いからという観念に縛られ、機会を逸していた。
だがその時は、猛然と観たい気になり、翌日、レンタル屋に走った・・・。

More
[PR]
by micak | 2007-04-17 02:43 | 映画
“Perfume”サントラ。
d0032633_4243645.jpgRadioheadのCD発売を待って、やっとPerfumeのサントラを手にした。
(まとめてHMVに注文していたので。)
コレ、ヤバイ。
この音楽無くしてこの映画は有り得ない云々とは以前も述べたが。
ヘヴィロテになりそう。
特に、短い“Lost Love”と、映画を観つつも感動した“Meeting Laura”が素晴らしい。
余りにも、美しい。余りにも、哀しい。
重厚な弦の響きが思いを一層深める。
絶対にréaliser(実現)される事のない、愛と幸福。
それらを得る手段を知らなかった、強く求めていたはずなのに。
そんな天才の悲しき性。
同様に才能を持ち合わせながら、
一般人としての幸福を得られず、若くして死んでいった過去の偉大な芸術家達に思いを馳せる。
“Lost Love”は雪のしんしんと降る厳冬の夜にも合うな。
ヴォリュームを上げて(周囲に迷惑なので、ヘッドフォン)、目を閉じて聞けば、
深い淵に吸い込まれていく様な、眩暈と幻想。
・・・・もし、映画を観ていなかったとしても、このサントラ、気に入ったに違いない。
映画も音楽も、阿片の如く・・・甘く危険な、さましく、“香り”。
[PR]
by micak | 2007-04-14 04:25 | 音楽
SW切手。
以前も述べたが(コチラ)、28日、いよいよSW30周年記念切手が発売された。
d0032633_5444429.jpg

LAではイヴェントも行われた。
d0032633_681638.jpg

うーん、ちょっとなぁ(イマイチかなぁ)・・・。
d0032633_5453459.jpg

お気に入りの切手に投票できるので、コチラへどうぞ。
それより!
このプリペイド・カードが欲しいっ!!(特に、一番左のっ!!)
d0032633_548165.jpg


・・・一応、友達に切手の件を打診してみたのだが、まだ返事が来ない・・・・。
[PR]
by micak | 2007-03-30 05:50 | 映画


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧