トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
本日のStéphane☆【Petites Informations】。
d0032633_5463570.jpgちょこっとメモ。

①先日のVidéo-Talkの後半;独語部分で言っていたらしい、
“今週末はマドリッドでショウを観る”というのは
やはりアントニオさんのらしい・・・・。
今、アントニオさんサイトで確認したら15日に舞台がある。
そして。初めてここのパンフレットを見たのだが、なかなか充実!
②ASに紹介されていたので追跡してみると。
18日火曜日、ジュネーヴのホッケーチームGenève-Servetteの試合で始球式の様な事をするらしい。
ソースはコチラ
なるほど、ステファン君の所属クラブのホームリンクVernetsは
このホッケーチームのホームでもあった訳だ。
思う様に練習時間が取れなかったというのも納得・・・。
後日、GSHCサイトに写真と試合後のステファン君のインタビュー動画が上がった。
ステファン君が登場するのは初めのちょっぴりだけ・・・。
それにしても、随分と楽しそうでインタビューもテンション高い。


③あと、ショウはAOIまで無いのかと思っていたのだが、
年末に地元で一本、年明けにもイタリアで一本あるとか無いとか。
なんと、怪我の治療も大丈夫なのか?な忙しさではないですか。

ところで。
エリック・ボンパール杯のブライアン・ジュベールにはがっかり・・・・。
オリンピック前シーズンは全力で行かない、というのはこういう事なのだろうか?
やはりライヴァル;ステファン君が居ないと燃えないのだろうか?
しかも今回は大輔君も居ないし・・・。
なんだかクワド・ジャンパーが勝てない?
クワドの基礎点が上がるとか言いつつ、小ぢんまりと手堅くまとめた方が高得点?
・・・・採点は一体どうなってしまっているのだろうか?
“小ぢんまりと手堅く”では見ていて面白くないのだけれど・・・・015.gif

会場にステファン君バナーが何枚か見受けられるのが、
やっぱり何とも寂しい・・・・。
[PR]
by micak | 2008-11-16 05:48 | Stéphane Lambiel
アーセナルvsマンU。
有料チャンネルはWOWOWにしか加入していないので、
その殆どが録画であっても、NHK-BSでプレミア・リーグをやってくれるのは有難い。
そして英国版クラシコと言っても良さそうなこの試合はやはり見逃せない。
アデバヨールとファン・ペルシーを欠き、何となく冴えないアーセナルが
最近調子の良いマンUに勝つのは難しいと思われていた・・・・。
が。
d0032633_2285125.jpg

ナスリの2発で快勝!

いやぁ、凄い試合だった。
エース・ストライカーの欠場はアーセナルに結束力を与えたのだろう。
モチベーションも集中力も素晴らしかった。
勝ちたい気持ちがマンUに勝っていたという事だ。
セスクとナスリは相性がとても良い様に見えた。
(ナスリの笑窪がとてもカワイイ。)
今後もこういう試合ができるなら、優勝の望みも大いにあるというものだ。
日頃プレミアについては殆ど書かない自分が、
こうして書きたくなる様な試合だった。
そう。
クリスティアーノは好きだけれど、マンチェスターで生観戦もしたけれど、
チームで好きなのは
華麗なパス・サッカーを身上とする、アーセナル!
[PR]
by micak | 2008-11-13 02:14 | サッカー
本日のStéphane☆【20Minutesインタビューを見て】。
d0032633_734881.jpg“20minutes”のVidéo-Talkを見た。
なかなかこういう物をライブで見る機会は無いのだが、
今回は時間も丁度良かったし。
以前もライブ・チャットの話があったのに流れてしまったので不安もあったが。
画面には“あと数分後にステファン・ランビエル登場!”と出ているので、待つ事数分。
看板だけが映し出されている本番直前、
“収録はいつも緊張するんだよね”とか
“静かにしていなくてはならないの?”とか何とか、
音が拾われているとは知らない彼の人の声・・・・。
スタジオが用意されていたのではなく、
編集室の一角というのが何とも質素で素人的。

More
[PR]
by micak | 2008-11-12 01:09 | Stéphane Lambiel
“宮廷画家ゴヤは見た”。
d0032633_25398.jpg最近映画館になかなか足を運べていなかったのだが、
これは見逃す訳にはいかない!とばかりに上映期間終了間際に映画館へ。
何と言っても好きな画家の一人、ゴヤ。
しかもハビエル・バルデム。
しかもミロス・フォアマン。
ゴヤが“物語”の主人公なのではなく、
彼の目を通して見た、激動のスペイン。
主人公はその激流を乗りこなそうとして破滅したロレンソ神父;
バルデムさんは相変わらず見事な演技。
もう一人の主人公は悲劇のヒロイン、
イネス;ナタリーちゃんは迫真の演技、
素晴らしい。
こうしたきちんと演技ができて、かつ美しい若手の存在は貴重だと思う。
傍観者のゴヤ、彼自身の人生もかなり波乱万丈だったはずだが、
あえて今回は天才芸術家にしては珍しく世渡り上手な設定、
その優柔不断さに多少苛立ちを覚えても、それがかえって人間らしかったり
彼の視線のほの暖かさが激しく血なまぐさい背景やストーリーを中和してくれる。
つまりそうした微妙なスタンスを演じたスカルスガルドさんも
素晴らしかったという事なのだろう。
もっと“芸術!”な映画なのかと思っていた
(実際にゴヤの絵画や版画や版画作成の工程もあり、
そうしたシーンでは美術鑑賞心が満たされる)が、
それより激動のスペイン史、そして運命に翻弄される人間ドラマ。
無敵艦隊と呼ばれていた黄金時代が過去の栄光となり、
近代化の波に取り残され、
英仏の二大勢力に挟まれ翻弄されるスペイン(ポルトガルもそうだが)。
イベリア半島戦争。
“Sharpe”シリーズを思い出す。
そしてプラド美術館の、あの、ゴヤの絵を再び思い出す。


3人の名優のせいもあり、冒頭からラストまで引き込まれた。
だが、いきなり“15年後”と飛ばされたり、消化不良な感も否めなかった。
歴史ドラマとしては説明不足だし、人間ドラマとしても掘り下げが足りない様な。
欲張り過ぎ?
折角な設定なのだから、最後まで丁寧に作り込んで欲しかった。
・・・・まあ、それには時間も予算も限りがあるという事か。
たった2時間余りではゴヤの一生も激動のスペインも
壮大過ぎて描き切れないという事か。
それから、“アマデウス”の時はドイツ語であって欲しかったのと同様、
スペイン語であって欲しかった・・・。
d0032633_26519.jpgしかしながら、とりあえず見応えのある、価値在る一本。

蛇足ながら下の記事に関連して。
ビジャ・レアルのGK、Diego Lópezを見る度、
エル・グレコの絵に出てくるイエス様の様だと思うのは自分だけだろうか・・・・。
d0032633_284957.jpg


さて。予告編も見たし、次はいよいよユアンの“彼が二度愛したS”!
[PR]
by micak | 2008-11-07 03:57 | 映画
遅蒔きながら、
067.gifBon anniversaire, Robert!! 067.gif

この週末はモーター・スポーツで忙しかったとはいえ、
リーガも見逃せない。
特にビジャレアルもアスレティック・ビルバオも好きな人間にとって
今回はビッグ・マッチ!
(もう、殆どレアルやバルサはどうでもいいモードですよ!)

今の所低迷しているアスレティックだが、
強い相手と立て続けに当たっている為たまたま勝てていないだけだという
有難くも前向きな見解通り、
また、ホームという事もあってなかなか良い動き。
ビジャレアルがスロースターターな傾向があるせいでもあるが。
タイプの異なるチームががっぷり四つなのは面白い。
ジェステとピレシュが度々ぶつかり合うなんて、余りにも美味しい・・・。
結果はやはりビジャレアルは強かった、なのだが、
うち1ゴルがピレシュというのは誕生日祝い自前弾?しかも今季初ゴル。
d0032633_423625.jpg
10月29日が誕生日だった。
1973年生まれだからもう35歳だ。
オクレバセナガラ、オタンジョウビ、オメデトウゴザイマス。
もうしばらく、貴方のお洒落でセンス良いボール捌きを見せて下さい。
もう絶対怪我はしないで下さい。

誕生日祝いに(?)初めてWikiってみた。
西語の頁にはお母さんがスペイン人とではなく、
アストゥリア人と書いてある。流石。
日本語頁には真相疑わしいにしても面白い事が書いてある。流石。

セルティック中村俊介には悪いが、
CLではマンUと共に決勝トーナメントに進出させて頂きます!
[PR]
by micak | 2008-11-04 03:43 | サッカー
本日のKimi☆【第18戦、ブラジルGP'08“二人の世界チャンピオンが決まった日、その2”】。
d0032633_194371.gifそして。勿論今日はF1GPの今シーズン最終日。
泣いても笑っても今日、チャンピオンが決まる。
昨年の事もあって慎重にならざるを得ないハミル㌧が
初めはあまりアグレッシブではなかったお陰で、
非常に面白いレースとなった。
ホームのフェリペはきちんと勝った。
だが、掴み掛けていたチャンピオンの座は惜しくも逃した。
その涙は、限りなく美しかった・・・・。
d0032633_1952877.jpg


More
[PR]
by micak | 2008-11-03 23:55 | F1
二人の世界チャンピオンが決まった日、その1。【WRC第14戦、日本Rd.'08】
d0032633_002735.jpg実は札幌ドームに行くのは初めてだった・・・。
実は、コンサドーレの試合を観にも日本ハム・ファイタースの試合を観にも
行った事はない・・・・。
野球は兎も角、サッカー好きなはずなのに真に申し訳ないと思いつつも。
言い訳をさせてもらうなら、まず、なかなかスケジュール的に行けない。
それに欧州サッカーに比べるとやはり見ていて面白くない。
・・・これはコンサドーレに限らず、日本のサッカー全体に言える事なのだが。
もっと面白いのなら、多少スケジュールがタイトでも観に行くだろうに・・・・。

ともあれ、WRCの日本ラウンドが帯広から札幌へ移り、
しかも世界初室内レースというので行く気になった。
勿論、好きなのはF1である。
だが、パリダカにせよル・マンにせよ少なからず興味はあるし、
オートバイも全く興味が無い訳ではない。
つまりモーター・スポーツ全般になんとなく惹かれているらしいので、
新たな楽しみにWRCが増えても自分的に異存は無い、という事だ。
折角身近な所でやっているのだし。

More
[PR]
by micak | 2008-11-03 22:00 | WRC


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧