トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
昨日のユアン、今日のユアン②。
別にユアンのファンサイトやっているワケじゃないから、
そんなに熱心に情報集めなくたっていいのだけれど、
まあ、やる気のあるうちは、やっておこうかな、ってね。

幅広く芸術に於いて創造的な才能を示した人に贈られる、英国のSouth Bank Show Awardsの授賞式が27日ロンドンのサヴォイホテルで催され、
ユアンがプレゼンターを務めた。


ソースはコチラ
d0032633_53492.jpg


LWRが放送賞を受賞!

ヤッタネ!!って言うか、当然だよね。コレ、名作だもの!!
(英密林から仕入れたDVD、素晴らしい!買って良かった!!)

ソースはコチラ

↓コレはチャーリーの“ダカールへの道”、出発前の映像かな?
d0032633_5122782.jpg

今年の10月にオンエアーされる予定だって。その番組にユアンが顔を出す可能性アリ、かな?
[PR]
by micak | 2006-01-29 05:14 | Ewan McGregor
07/01/2006 Maria Ritaのコンサート@Porto
今日の午後、ポルトへ戻る。
此処Vidagoへは、大きなトランクをポルトに置き去りにして身軽で来ているので、
まとめる荷物も無い。
チェックアウトも済ませてしまって、さて。
もうVidagoの村は見物してしまったし、昨日のマッサージで疲れが出たのか、
だるい。
なので、ホテルの優雅な談話室で新聞や雑誌を見て、だらだらのんびりすることにした。d0032633_4214059.jpg
大体、こういう田舎のホテルだと、する事と言えば
散歩か読書か談話かビリヤードかカード位しか無くて、他のお客さん達も結構のんびりだらだらしている。
(いや、附属のテニスコートでテニスしたり、コースでゴルフする、というのはあるのだが。)
新聞に歌手のインタビュー記事が載っている。
勿論、きちんと全部読む語学力は無いので、斜め読み。
なかなか素敵そうな、ブラジル人女性、Maria Rita
丁度今夜、ポルトでコンサートがあるらしい。
どうしようかな。ポルトに着いてから、元気だったら、行ってみようかな。

続きはコチラ♪
[PR]
by micak | 2006-01-29 04:08 | 音楽
未だ復活せず。
タクシーに乗る、午前2時半。
降りしきる雪の中、ミニスカートの女性が一人スーパーの前を行く。
その窓や扉から煌々と光を流出する、スーパーやコンビニ。
在り得ない奇異な光景。
そういえば、奇異だったのは、何もこればかりではない。
居酒屋の小上がり、板の間、卓、その上の料理達、
飲んでいる物、妙な話し方をする店の人々、
バー、カラオケボックス、のっぺりとした顔立ちで目が細い・背の低い人々の群れ、
聞こえてくるのは、何故か日本語ばかり・・・・。
“どうしたの?今日は大人しいね”と
言ってくれる愛しの友人達だけは、相変わらず美しく、知的で優しい。
が、その友人達とも時間の流れに僅かに“ずれ”がある。
全てに違和感を感じて、自分が異邦人の様な気がする。

タクシーを降りて、小路を数十メートル歩く、家の玄関まで。
ヴァージンな雪に足跡残して。
・・・もうすっかりヴァカンス気分は抜けたと思っていたのだけれどな。
結局、全てが奇異に見えるって、まだ欧州に居る感覚がリセットされていないのだ。
違和感が疎外感となって、悲しかったか?
いや、久しぶりに愛しい友人達に会えて、嬉しかった。
この次、友人宅のホームパーティーで土産のチーズを食べる頃には、
すっかり“奇異”さは抜けて、“日本”に“フィット”しているだろう、ご心配無く・・・。
[PR]
by micak | 2006-01-28 06:11 |
今日のユアン①。
1月25日はスコットランドの詩人、Robert Burnsの誕生日である。
その日、スコッツ達はHaggisを食べてお祝いをする習慣がある。
今年は倫敦でそのパーティーが催され、ユアンが詩“Address to a Haggis ”を朗読し、
Haggisにナイフを入れた・・・・。

ソースはコチラ
d0032633_4473681.jpg

Haggisかぁ。
そう言えば、兄がエディンバラに学会で行った時に、
お土産に買ってきたなぁ、缶詰を。
あれ、食べたのだったっけ?それともまだ食品庫で眠っている?
・・・・いずれにしても、自分はそういうの、食べれないけれど・・・・。
スコッチウィスキーをかけると、臭みが抑えられるって?

時々見られるユアンのキルト姿、カワ・カッコイイ。
詩の朗読、聞きたかったな。
[PR]
by micak | 2006-01-27 04:04 | Ewan McGregor
今回のお買い物。
冬に欧州を旅すると、寒いとか、色々な所が休みであるとか、工事中だとか、
問題は多い。
でも、お正月のお陰で3週間以上休みを取ってもあまり白い目で見られないみたいだし
(それはこの業界だからです!)(普通は2週間でも大変だよね)、
航空券もホテルも安いから3週間の生活費もなんとかなるし、
美術館も空いているので、行列作る必要も殆ど無いし、
オペラはシーズンだ。
美しい・本当のクリスマスも体験できるし、カウントダウンに花火も見れる。
そして、クリスマス休暇明けには、バーゲンが展開されるのだ!
今回は、伊太利亜が先だったので、我慢するのが結構大変。
あちこちでバーゲンが始まって、美しいウィンドウから
美味しそうな品々が“ワタシを買って、買って!”と誘惑してくるのだが、
これからまだ飛んでポルトガルに行かねばならない身、
今買ってはイケナイ、イケナイ・・・・誘惑に負けてはイケナイ、イケナイ。

その反動かどうかは分からないが、リスボンではショッピング!
(でもそんなにブランド人間じゃないし、元来財布の紐固い質素(?)なタイプなので、
買い物すると言っても、たかが知れている。)

続きもあります、コチラに・・・。
[PR]
by micak | 2006-01-27 03:34 | ファッション
そろそろ復帰?
帰ってきて、もう一週間経つ。
帰国翌日から即普通のスケジュールで仕事だったので、
ゆっくり寝る暇も無く、だらだら時差ボケを引き摺ったまま、一週間経ってしまった。
でも、昨日日曜日には一ヶ月ぶりに泳ぎに行って、
水に戯れるヨロコビを再認識したし、
そろそろリーガ・エスパニョーラに視線を戻そうかな、と。
バスク・ダービーあるし。リアソールに大久保が乗り込むし。
(なんだ、結局サッカーの話か、情けないな!)

で。やはり、バスクは素敵だ!
さっき(?)までポルトガルの素晴らしさにうっとりしていたのだが。
やはりこうしてバスクの空気にTVを通してでも触れると、
その愛しさがどっと蘇ってきて、幸せな気分になる。
途端に先程のではなく、去年のヴァカンスの記憶がフラッシュバック。
嗚呼、また行きたいな、(って、きっと遠からずまた行くだろう)愛しのバスク。

で。あんまりだっ!!
というのは、リアソールの話。バレロンが怪我してまった・・・・W杯も無理そう。
がっくり。
いきなりリーガE観る気が失せてしまう・・・・。
しかし、大久保って本当にデポル得意。・・・これも又、去年のヴァカンスの思い出フラッシュバック・・・。
[PR]
by micak | 2006-01-23 01:57 | サッカー
蛇な補足。
ポルトでネットするなら。
皆、リベルダーデ広場のポルトガル・テレコムに行くだろう。
(いや、リスボンでもやっぱりPTか。)
(11時までやっているリスボンと違い、ここは8時で閉店だけれど。)
何度目かに此処を訪れてネットしていた時。
ふと、壁に飾ってあるサインに目が行った。
そこには、FCポルトの選手達のサインが飾られていたのだ!
・・・今まで気が付かなかった。そう言えば、スポンサーはPTだよな・・・。
うお、リカルド・カルバーリョのもある!
リカルドはチェルシーに移籍した後も、未だ人気があるらしく、
街中で彼の名の入ったユニ姿の人を時々見掛ける。
ポルトのPTでネットする方で、FCポルト・ファンの方は、壁のサインもお見逃し無く!

それから。
大手銀行BPIのネット株取引のテレビCMがカッコイイ。
何がカッコイイかって、モウリーニョが出ているのだもの・・・。
モウリーニョ・ファンの方は、こちらもチェック!
モウリーニョと言えば、映画化ですって?
で、ジョージ・クルーニーだって?
・・・・うーん、ジョージ・クルーニー、痩せてくれるのかなぁ?
じゃないと、ジョゼのシャープさを出せないヨ!
あのたれ目がなぁ・・・。
(自分的には、ジョゼの方が、ハンサムだと思う・・・・。)
[PR]
by micak | 2006-01-22 05:25 | サッカー
08/01/2006ポルト・ダービー。
やはり下見兼チケット入手の為に、スタジアムに行ってみることにした。
今日は一日乗り放題のAndanteを持っているので、交通費を懸念する必要は無い。
D線AliadosからTrindadeで乗り換えしてしまえば、ABCいずれの路線も終点
Estádio do Dragãoへと行くから、簡単だ。
Portoの地下鉄は新しくてとても快適だ。
さて。日曜の午後、スタジアムに向かう人は決して少なくはなかった。
高台にあるまだ新しくて綺麗なスタジアムはなかなか眺めが良く、
天気の良い今日などは、散歩するのに相応しい。
バーゲンシーズンの今、
スタジアムのオフィシャル・ショップLoja AzulはNikeのショップでもあるので、
買い物に来ている人、大勢。
まずチケットを買ってから、例に漏れず、オフィシャル・グッズをゲット。
d0032633_7121161.jpg
(注;クマはハロッズのクリスマスベアー)
(TシャツはLuís Pauloというアーティスト?とのコラボ・デザインでとてもカワイイ!)
更に、スタジアムの向かいにはショッピングセンターがあり、
飲食店も多くある此処では、他にあまり開いている所の無い日曜、
沢山の家族連れやカップルが来ている。
そのショッピングセンターの傍から、スタジアムを臨む。
d0032633_7152987.jpg

少し高い所から、もう一枚。
d0032633_7155987.jpg

ね。綺麗だよね。
・・・・大変アクセスも良い事が分かった。これなら、夜遅くなっても帰りは大丈夫だ。
夕食も例のショッピングセンターの飲食店で取ればいい。


続きはコチラ!
[PR]
by micak | 2006-01-20 08:28 | サッカー
帰ってきた・・・。
リスボンからの帰りはいつも、辛い。
3時に起きなくてはならないなんて、パン屋さんじゃあるまいし!
まだ当然公共交通機関は動いていないから、
深夜割り増し料金のタクシーに乗らなくてはならない。
まだ目覚めていない空港ではお土産を買う事もできないし。
寒さや便利さの事を考えると通路側の方が良いのが分かっているのに取る、
窓側の席。
上がらない体温に眠るに眠られずしている目に。
黒い闇から濃紺、濃緑、等と複雑な色を伴いながら、
オレンジ色に明けつつある空。
朝焼けがいい感じになってきた。
そう、これだ。
やがて朱色の太陽が現れる、“そこに”。
Royksoppの曲を取り出して聴く。
そう、これがしたかったのだ。
朝焼けの空を眺めながら、しかも“機上”から、この曲を聴く・・・・。

スキポールの待ちも4時間程。
美味しい物に乏しい和蘭ではあるが、鰊の酢漬けだけはお気に入り。
空港のBubbles Barでシャブリ飲みながらコレ食べるのが、最近の恒例。
豊富にあるショップでじっくりたっぷり買い物。
そうすると、4時間なんて結構大したこと無い。
チェックインはすでに“窓側”で通ってしまっているので、
また窓側。
でも、また白く眩しい月が、すぐ“そこ”に。
違った角度から見える星星も。
モノクロの凍ったシベリアの上を飛ぶ時は、Björk。
寒くて不便な窓際も、時には良い、という話。

はぁ~。
遂に終ってしまったヴァカンス。
今日から普通に仕事だ・・・・。
まあ、また次回のヴァカンス資金の為に頑張るか!
[PR]
by micak | 2006-01-16 06:41 |


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧