トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2002年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
もう既に逝ってしまった、夏。
季節の変わり目。
今年は冷夏だったけれど、暖冬・暖春の影響で、季節の進みが早い。満足な夏らしさも無く、既に紅葉が紅葉してきているし、大雪山辺りでは雪が降ったらしい!全く、こんなに雨の多い夏も初めてならば、八月に雪、というのも初めてかも。

先週の土曜日は、八剣山に行った、久しぶりに。前アリアンス学長一家が奥さんの家に帰省中というので、そこで会ってBBQ。最期の夏の日といった天気、つまり、久しく見ていなかった青空と太陽。BBQの火のせいもあって、かなり暑かったなぁ。日光も強くて、思いがけず日焼けしちゃった。
野外の昼食、芝の上で寝る人、遊ぶ子ら、釣りに興じる人、馬に乗る人、虫取りをする子供達、上半身裸のカウボーイ達、眩しい日差し、水面の輝き、飛ぶ水色の美しいトンボ、爽やかな風、それでも輝く緑はもう盛りを過ぎ、濃い葉陰には一抹の寂しさが漂う、爛熟した夏。ドビュッシーかスペインの曲が似合うなぁ・・・。

その次の日は、お友達の家でホームパーティー。庭のポルトガル・キャベツで“カウド・ヴェルデ”を沢山作って半分持って行ったんだけど、今回はバッチリ!やっぱり、コウヴィ・ポルトゲーザ(実はかの青汁のケールって、これ)のちょっぴりワイルドな風味って、他の野菜じゃ代用できないなぁ。因みに、最近、ピーター・ラビットの絵本を何気に見ていたら、出て来たキャベツの絵が、まさしくこれで、このタイプのキャベツがポルトガルだけのものではないと知る。なぁんだ、日本では青汁だなんて、貴重そうに言っているけど、何て事はない、ヨーロッパのフツーのキャベツではないか・・・。

夏が終わりという事は、忙しい冬に向けて、ノンストップで走らなければならない。でも、その後の、ヴァカンスが楽しみだけどね。
[PR]
by micak | 2002-08-23 04:43 | 時事・春夏秋冬
ゴッホ展。
昨日は仕事が少なかったので、超人気のゴッホ展へ。な、なんと、入場するのに20分待ち!この美術館でこんなに待つのって、初めて。待つ間、久しぶりにゆっくり美術館の建物内部を見回す。・・・人が多いせいか、狭いなぁ。以前はなかなかいい建物だと思ってたけど、ここももう25歳、デザインの斬新さはもう、無い。奇麗とも思わない。ヨーロッパのあちこちのに比べると、寂しいものがあるなぁ。180万都市の美術館としては、貧弱だよなぁ・・・。
さて、ゴッホを観るのも久しぶり。最近はルネサンスがマイブームとは言え、勿論、嫌いではない、むしろ好きだ、いや、好きだった。昔は好きな画家十人の中に入っていたと思うけど、今は入ってはいない。でも、“ローヌ川の星月夜”の絵が目に飛び込んできた時、青い夜空に瞬く黄色い星々がプーランクの“ナゼルの夜”もしくはモンポウの前奏曲“星による棕櫚の葉”を思い起こさせた。南仏の濃い香りの夜。・・・やっぱり凄い。ゴッホは凄い。そして天才のあまりの純粋さと美の探求心、それゆえの社会への不適合(天才芸術家にはしばしば見られる事だけどね)、自らの美の為に命を掛ける、その情熱が哀しくもあり、羨ましくもある・・・。
オランダが寒い国らしい事は、体感した事は無いものの、スキポール空港からの、あるいは、上空からの景色で分かる。モンマルトルも糸杉もアーモンドの花も、実際に見て知る今、ゴッホの見え方は昔とは違う、当然ながら。フランス語で書かれた彼の手紙も、拾い読みできる所がある、でも、なぜ彼は弟にオランダ語ではなく、仏語で手紙を書いたのだろう?
[PR]
by micak | 2002-08-14 04:41 | アート
“暗い日曜日”。
普段は宮越屋の豆を買ってきて、その都度挽いてはデロンギのマシーンで抽出したエスプレッソをマグカップ(!)で飲むのだけれど、今日はなんとなく、ゴディバのフレーバーコーヒー。クレーム・ブリュレの甘い香りが優雅な雰囲気を醸し出す。今日観た、“暗い日曜日”のノスタルジックなブダペストのイメージにぴったり。超久しぶりに、ドイツ語の映画を観た訳で、その響きの美しさにびっくり。あれ、ドイツ語ってこんなに奇麗だったっけ・・・。

ここに書くのも超久しぶり。忙しいのも事実だけど、自分のサイトを更新しようという意欲が全く無い、今は。

先月・先先月は一体何をしていたのだろうか?
W杯は好きなチームが全て敗退でがっかり、韓国の応援と不公平な審判に憤慨、唯一、トルコの面白さを知った、って位。
仏語のクラスで、二・三人でチームを作り、それぞれテーマを選んで研究・発表する、という課題が出されたんだよね。相棒がバスクを選んだんだけど、これが大変!単なる小さな田舎だと思っていたら、大違い。調べれば調べる程、深くって。特に自分がここに興味があった訳では無いのだけど、やっているうちに面白くなっちゃって、今やバスクにわか博士(?)。こりゃ、実際に行かなくっちゃ!ってね。

今年のパリ祭は、ススキノに新たにフランス人がオープンさせた、クラブで。フランス人シェフの作ったお料理が、(彼一人で準備したのだし、会費が安いから、ホテルのバイキングみたく豪勢ではなかったけれど。)美味しかったなぁ。

ポルトガル語の先生のお宅で毎年催されている、ホームパーティーにも参加。来ている人の七割以上がスペイン語の生徒さんみたいだった(先生はスペイン語とフランス語も教えていらっしゃる)し、少数派のポルトガル語組にしても、その殆どがブラジル派ではあったけど(だから、今まではこうしたイヴェントは遠慮していた)、いろいろな人とお喋りできて、結構楽しかった。驚くべきは、先生のお料理で、よく、これだけ準備するエネルギーがあるな、と感心。様々なブラジル料理がお庭のテーブルを飾ったのだけれど、先生には申し訳無いのだけれど、個人的にはブラジル料理はあまり好きではない・・・。

そして、先日は恒例、小樽潮祭り。
お昼前に札幌を出て、さして渋滞も無く小樽へ。回転寿司のランチの後、ビーチへ、というのは去年と同じコース。泳ぐには水がとても冷たかったけれど、ビーチはなかなかの人出。日が傾いてくると、寒くなってきたので、温泉へ。ホテルにチェックインして、お祭りへ。お天気の悪かった去年の倍の人出だろうか。札幌にもお祭りは幾つかあるけれど、より古い歴史を持つ港町小樽のそれはずっと風情がある。街が小さいのも、かえって幸いしている様子だ。ここにずらっと出ている屋台は、小樽の飲食店の出店なので、結構美味しくて、食べ歩きもまた、楽しい。適当に屋台を選んで、飲み食いしながら、花火鑑賞。
その後、花園町のバーへ行くが、皆、昼の海と温泉でかなり疲れていたので、割と早目にホテルに帰る。このホテルは最近オープンしたばかりなのだけれど、兎に角安い。勿論、それなりなのだが、新しいので奇麗だし、元の建物が文化財の古い洋館なので、天井も高いし、悪くない。一応、朝食も付いているし、ロケーションもとても良い。部屋で買ってきたワインを飲んで、寝る。
翌日も良い天気だったので、再びビーチへ。一人、仕事で帰らなくてはならなかったので、ランチまで。フレッシュ・シーフードが豪華に載ったパスタランチの後、彼女を駅で落として、今度は違う温泉へ。札幌へ戻ってくると、都会の空気の汚さが暑さとなって、肌にまとわりつく・・・。

そう、七月最後の週は第五週なので、仕事は基本的にお休みなのだ、ラッキーな事に。

で、芸術の森美術館でイタリア・ルネッサンス三大巨匠素描展を観た後、久しぶりに乗馬レッスンに行く。のんびりしていたら、有効期限が来ていたみたいで、2クールやってもらう。これで今回分の4レッスンは終わってしまった訳だが、勿論、もっと上手くなりたいので、続けたい。来月からは水曜日の仕事が一つ減るので、来れるかな?

それにしても冷たい水の海で泳ぐというのは大変だ!・・・筋肉痛だ。週一・二回行くプールではノンストップで一キロは泳ぐのだけれど、それはとてもリラックスした状態で泳ぐので、筋肉疲労は全く無い。でも、ほんの少し泳いだ海は、違った。冷たいと筋肉にストレスがあるし、潮の流れもあるからね。更に、2クールの乗馬で、内腿が痛い・・・。

今年の夏は、雨が多い。で、せっかく育ってきたポルトガル・キャベツの一つが駄目になっちゃった。北海道のお米は、湿気の少ない環境で育つので、農薬が少ないと聞いていたけど、なるほどと思う。湿気が多いと、虫や病気がよく発生するというのが、このキャベツで分かる。
昨日も湿度100パーセントな蒸し暑さで、霧雨模様、エアコンの効いた部屋での仕事と映画なら、関係ないけどね。
今夜も先日潮祭りに行ったお友達と花火に行く予定なんだけど、今はパリっといい天気。久しぶりに北海道的夏の朝。うーーーん、爽やか♪
予想最高気温は26度、やっぱり、こうじゃなくっちゃね。

もう、八月だ。コスモスも見たし、トンボも見た。冬休みには、何処へ行こうかなぁ・・・。
[PR]
by micak | 2002-08-14 04:40 |


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧