トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2001年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
そうそう、これっ!!
やっと来た来た、北海道らしい夏空!
今月、初めてじゃないのかなぁ、もしかして、こう、スッキリしたのって。
美しい青空、日差しは澄んだ空気ゆえ一段と強烈に眩しく、熱いけれど、強目の風が、冷たく爽やか。洗濯物が一発で乾きそうな。これだよね、北海道の夏は。お庭の薔薇が輝いて、奇麗。
夕方、御機嫌で車の天井全開してたら、寒かった・・・。
それで、久しぶりに良い天気だし、花火もあったものだから、街は凄い人出。ビアガーデンも大繁盛(でも、寒そう)、ポ語の帰り道は、丁度花火終了とぶつかっちゃって、電車通りが大渋滞。参ったね。花火の為に浴衣や肩出しスタイルの人も沢山居たけどさ、寒いだろうなぁ・・・。

最近、お庭でキュウリや豆やトマトが、採れる。今日は、ピーマン。嬉しいなぁ。冬に、パリのとあるシーフードレストランで、お通しにキュウリと塩が出てきて、“?”と思ったんだけどさ、これがとっても美味しいキュウリでさ、びっくりしたの。それを思い出すんだよね。美味なるきゅうりには、天塩!ってね。思い出す味、と言えば、今日はウナギの白焼きを食べた(蒲焼きはあまり好きではない)んだけどさ、これはポルトガルのウナギ・ステーキを思い出させるね。尤も、ウナギと言っても、ヨーロッパのは種類が違って、もっと逞しくて、味も濃いんだけど・・・。

やっと梅雨らしきものが終わったみたいなんだけどさ、もう、秋の印は見えてるわけ。トンボも飛んでいるし、コスモスも咲いてる。
毎年、お庭の上空に、全くもって見事な巨大な巣を掛ける巨大なクモが居る(まさか同じクモではないのだろうけど、毎年、立派な奴が、同じ様な所に居る)んだけど、その巣にトンボが引っ掛かっているのを見た刹那、少なからず、ショックだったねぇ。だって、まだちゃんとした夏が来てもいないのに、もう秋なのかって。・・・そうしたらさ、郊外の子供達は、もうトンボ採りで遊んでいるらしい・・・。

なんて、はかないのだろう。
なんて、哀しいのだろう。
人の気持ちなんてお構いなしで、時は流れる。
眩しい光にはじける花びらが、葉が、風が、水が、だからこそ尚一層に、美しい、北海道の、夏。

A beleza é efêmera e assim é a vida.
(美ははかなく、人生もまた。)
[PR]
by micak | 2001-07-26 02:57 | 時事・春夏秋冬
蒸し蒸し。
うーーーん、こういう暑さは耐えられないっ!
降りそうで降らない、重い空、そんな状態で30度近くまで気温が上がると、ちとキツイ。風も無く、街は始まった夏休み・月末って事で、車も多い。目眩と吐き気を覚えそうな、蒸し暑さ。久しぶりに昔、体験した東京の夏を思い出したよ。

やっと、昨日で仏検が終わったぁ。結局、二次試験の準備は全くしないでしまったんだけどさ、いくら試験官が顔見知りでも、いざ、これが試験なんだと思うと、プレッシャーで、脳が回転しない(一杯ひっかけてから、臨めば良かったかな?)。後から考えると、なんでこんな言葉が出てこなかったのかなぁ、って感じ。やっぱりいろんなケースに応じて、答え方を準備しておくべきだったなぁ・・・。これで落とされるってこともあるかな。ちょっと、後悔。
まあ、とりあえず終わったから、今度は少しポ語の勉強でもするか。勿論、仏語は続行で。ロベールのフランスの辞典、欲しいなぁ。高いのかなぁ。ラルースと、どっちが良いのかな?
お友達の真似して、ここに、一文でいいから、ポ語・仏語で書こうかな(きっと、それはとても大変だ)。

あんまりの湿度の高さに、ずっとエアコンのドライをかけてるから、この部屋は快適。でも、他の場所でのきつめのエアコンでは、手足とお腹が冷える。まじ、腹巻きとか、欲しいなぁ。外の気温はもう下がってきているから、そろそろ窓を開けようか。でも、まだ風が無いし、重い空気は、寝苦しそうだなぁ。
今週末あたりから、ポツポツお休みがあるから、海か温泉に行きたいな。あ、そうそう、大通りのビアガーデンも行きたい。でも、明日以降の予報では、海に入れる温度ではないみたい。また、去年みたく、お盆の頃が良かったりするのかな。

Amanhãn de manhãn o afinador virá pois tenho de levantar-me cedo.
そう、早いとこ、寝なくっちゃ。
[PR]
by micak | 2001-07-24 04:25 | 時事・春夏秋冬
強さ。
その、パリ祭の三次会、カフェ・ブルターニュでのこと。
一緒に行った一人が、何やら悩んでいるみたいで(勿論、恋愛)、しまいには泣き出しちゃったんだ。まあ、酔っ払ってたしね。通訳のお友達と一緒に、“自分を大事にして”とか“そんな事、気にしてちゃダメよ、前向きに行かなくっちゃ”とか“自分を磨くのよっ!”とか慰めてたんだけど、“違う、違う、あたしは駄目なの”って、あんまり効き目は無い。
それどころか、“だって、カワイイじゃない、羨ましい”と言われて、ちょっとビックリ。同性に言われる事って、まず無いからね。そりゃ、カワイイ格好している時は、自分でもまあまあかな、と思うし、取りあえず、個性は強いんで、目立つ。でも、もっと奇麗な人はいくらでも居るし、ファッションモデルみたいにもっとスラリとしていたらなぁ、とも思うし、色々悩みは或る。それに、その彼女だって、なかなかチャーミングなんだよね。・・・どうも彼女には、モテモテで、恵まれていて、何の悩みも無い様に見えたらしいけど、それは、違う。目立つが為に敬遠される事もよくあるし、大体、自分が好きなタイプじゃない人に声掛けられても、ちっとも嬉しくはない。恵まれてはいるかも知れない、家庭環境に於いては。
でも、命を落とし兼ねない病気を患って、その治療の為に多くのチャンスも夢も未来も記憶も失った、社会復帰するのにも何年も掛かり、気付くと、空白の数年間、知らぬ間に歳を取ってしまっていた・・・残念ながら、カワイイという形容詞が使える世代ではないのだ・・・ようやく落ち着いて、自分のペースが分かってきたかな、と思ったら、今度は親が病気。普段、自由な時間はあまり無くて、夜遊びに出掛けるのも年に数回。あんまり幸福な人生とは、言えないと思うけどなぁ。
すると、横に居た、フランス人のマダムが、“あなた達は、強いからね。ワタシは彼女の気持ち、分かるわ、ワタシは一人でバス乗って、モン・サン・ミッシェルになんか、行けない(カフェ・ブルターニュだからね、彼女に旅行の話をしていた)”と。強い、と言われているフランス人女性に。これにもまた、びっくり。確かに、一人で海外旅行行って、見知らぬ土地を歩き回ったり、何でも割と一人でやってしまう、それは一種の強さかもしれない。でも、単に度胸があるだけだと思うのだけれど。それとも、度胸がある事を強い、と言うのだろうか?・・・人には見えなかったり聞こえなかったり感じられなかったりする事に、気付いてしまって、傷つく事がよくある。気を使い過ぎて、ストレスを感じるのは、毎日だ。枕が変ると、眠れない。
それでも、強いと言えるのだろうか?
通訳の彼女は、強いと思う。タフだ。タフでなければ、通訳はできない。でも、我々が知らない弱さを、きっと彼女も持っているに違いない・・・。

あーあ、パリ祭の時、ネックレスしてたらさ、首がかぶれちゃって、まだ痒い・・・。
[PR]
by micak | 2001-07-18 04:05 |
パリ祭。
昨日はパリ祭。場所は札幌ビール園中庭の、時間は四時。まだお日様のある、明るいうちからパーティーだなんて!芝生の木陰は涼しいけど、会場のテーブルや椅子のある所は、パラソルがあるとは言え、下がコンクリートなので、暑い。まあ、ビール美味しく飲むのにはいいのかも知れないけれどねぇ。でも、やがて日が傾いてくると、風が爽やかで、空もさっきより青くなって、いい感じ。ワインも結構飲めたし。夏の日差し、サマードレスのフランス人、ポプラのさざめき、ジャズ、踊る人々・・・なんだか映画『五月のミル』を思い出したよ。
そこは二時間位しか居れなかったんで、勿論、二次会へ。カラオケに付き合って(嫌いなので自分は歌わない)もまだ宵の口、次に行ったのはカフェ・ブルターニュ。カルヴァドス飲んだら、結構効いたなぁ。実は、この日は、ここgaiaxで知り合った京都のNodamageさんが、札幌に来ることになっていたんだ。北海道ツーリングしにね。もうホテルに居るだろうと思って電話、カフェに来てもらうことにした。すでに酔っ払ってるグループの中にいきなり飛び込んでもらって、彼には申し訳なかったけど、まあ、いいか。彼がきっと空腹だろう、という事で、それから居酒屋へ。そこで日本酒を飲んで、最後にはバーへ。かなり、飲んだなぁ。ざっと、半日、飲み続けた訳だから、そりゃ、酔っ払うか。
で今日は二日酔い。でも、ゆっくりできたので、夕方にはプールへ。サウナに入って、泳いで、スッキリ。勿論、まだ疲れはあるから、距離は短めで。金曜にはフィレンツェのお友達からの手紙と、仏検一次合格通知が来て嬉しかったし、Depeche Modeも買ったし、土曜はすっかり楽しんだし、コンサドーレは久しぶりに快勝したみたいだし、良い週末だったなぁ。
マニキュアを落として、爪を切って、明日に備える、また、忙しい一週間が、始まる・・・。

普段は仕事と家事に追われる、実につまらない暮らしだけど、年に何度かは、こうした面白い事が、或る。きっと、それすら無い人も居るのだろうから、幸せだと思わなくちゃいけないんだろうな・・・。

ハッキネン、久しぶりに勝ってくれた!

でも、凄い雨だな。
[PR]
by micak | 2001-07-16 04:02 | 時事・春夏秋冬
蒸し暑い。
今年はどうも梅雨前線がいつもより北に滞在しちゃってるもんだから、雨が多いったら・・・。北海道は梅雨が無いはずなのにね。毎日に様に雨、もしくは曇天でさぁ、うっとうしいったら。スカッと爽やか青空が見たいなぁ。(まあ、関東地方みたくまだそんなに暑くはないから、救われるけど。)
でも、そんなぬるい風の夜、久しぶりに“オルフェオ”のCD聴いたら、これが合う〜♪或いは静か目のボサノヴァ。よし、次、ジョアン・ジルベルト!これで、シャンパンカクテルでもあると、バッチリだなぁ。
[PR]
by micak | 2001-07-13 04:01 | 時事・春夏秋冬
ガーデン、&。
今日はね、お天気だったし、暑くもなかったからね、ちょっとお庭。桃の実が結構大きくなってきている奴があるんで、それに袋を被せてあげようと。ついでに梨も。梨は、この冬、野鳥の餌台代わりになっていたから、今年は駄目かなって思ってたけど、全然大丈夫!丈夫なのか、庭の条件に合っているのか、毎年元気だよ、梨は。今年も奇麗なお花が一杯咲いた後、しっかり結実してる。新聞紙で袋を作って、混んでいる所は間引きして。久しぶりにこういう形で日に当たって(いつもは運転していて、だからね)、日焼けはマズイけど、気持ちいいね。
サクランボは、日当たりが良くないんで、いつもお向いみたいに沢山つかないし、虫・鳥食いもひどいので、一本は切っちゃった。ちょっと寂しいけど、その代わり、その足元にある薔薇が、いいねぇ。
ポ語の先生に頂いて蒔いた、ポ・キャベツの芽も、ようやく出て来たみたい。楽しみだなぁ。キュウリもミニトマトも大きくなってきたし、ピーマンや豆は、花が咲いてる。ピーマンはなかなか上手くできなかったんだけど、今年はどうかなぁ。スキポール空港で買った、ワイルドフラワーミックスも咲き出したよ。ベランダではガーベラが咲いてるし、お部屋ではバジルが大きくなってきて、カモミーユも蕾がついてる。
ガーデニングは嫌いじゃない。草取りとか、冬囲いとかをする訳じゃないから、本格的ではないんだけどね。

もう、六月が終わっちゃった。今年後半の計画を立てなきゃなぁ。冬休みはどうしようかなぁ。アッシジに行こうか。ヴァネツィアか。南イタリアか。南仏か。カタルーニャか。アレンテージョかマディラか。ギリシャもいいなぁ・・・。
[PR]
by micak | 2001-07-01 04:00 | 時事・春夏秋冬


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧