トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2001年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
カラスよ・・・、and。
今年は、カラス被害が酷いんだ。
ゴミステーションを荒らすのはいつもの事だけどさ(日本もポルトガルみたいに、頑丈なコンテナにすればいいのにさぁ。そんな予算も無いのかなぁ・・・)。どうやら巣を作っているらしく、素材集めに熱心なんだよね。外に置いてあった洗車ブラシが何故か道路の真ん中に落ちている、しかも家のばかりじゃなくって、御近所のも。“?”と思ってたら、なんと、カラスの仕業だったんだよ。ブラシの毛が欲しかったみたいで、ブラシをくわえてみたものの、流石に重くて、途中で落としたってワケ。まあ、それ位なら兎も角、植木鉢も。まず、鉢に庭のスミレを植え替えして飾ってたらさ、それをひっくり返してくれた。お向いのプランターも、掘り返してさ。先日の朝、なんだかベランダでガタガタ音がすると思ったらさ、ゼラニウムの枝が欲しかったみたいで、これまたひっくり返されちゃった。スミレやゼラニウムで飾られた巣ってのも、ちょっとオツかもしれないけどさ、困るよね。どこかのゴミステーションで見かけた、カラス除けのゆらゆら光る目玉みたいなやつでも、用意しようかなぁ、と。そうしたら、次の日、お向いの鉢達に、CDがゆらゆらしてた。その、カラス除けの代わりに、使わないCDもしくはCD-ROMをぶら下げたってわけ。うん、これいいよね。家でも早速真似しよう!
先日のポ語のクラスで、話題が無かったから、思わずこの事、話しちゃった(毎回、何かポ語で言わなくっちゃならないんだよね)。

・・・植木に水をやってから、眠り用CDをセットする、早い夜明け・・・・もう、バーバーやフランクやブラームスといった寒い音の季節は終わった、ドビュッシーやフォーレだな・・・・。可愛らしいスズメの一声でふと外を見ると、珍しく無風で、いつもの風景は、貼り付いた様に停まっている。一面ガスがかかって、灰色の空気が重そうだ。霧に煙る風景で思い出すのは、ロンドンではなくて、冬のヴェネツィアだ。寒い運河の街は、しばしば霧に覆われ、一層、幻想的になる。

花の終わったサクランボは、花が落ちたそこからもう、緑の小さな実を結んでいる・・・春は短く、急速に初夏へと向かう。いや、春ばかりじゃなく、夏も秋も、ここではとても短い。日一日と季節が移り変わっていく実感がある。それはとても美しい事だとは思うが、それだけ冬が長くて辛い、という事だ・・・。
[PR]
by micak | 2001-05-25 03:57 | 時事・春夏秋冬
“外国人お断り”。
紋別、稚内、小樽等で問題になっている、“外国人お断り”お風呂やお店の問題。以前から話題になっていて、ふうん、そうかぁ、話し合いもせずにいきなり差別するなんて、ひどい日本人も居たもんだなぁ、なんて思ってたんだけど、さっき、地元の放送局制作の番組見て、ちょっと、いや、かなりびっくり。
外国人の友人が居て、彼等と行動を共にする事がよくある自分にとって、“外国人は臭い・キタナイ”“病気をうつされそう(まるでハンセン氏病問題みたいだね)”“何考えているか分からない”“いいかげんで目茶苦茶”“乱暴”“とても同じお湯には入れない”と思っている人が少なからず居る、というのは、驚くと共に、悲しいね。特に、あるおばさんが、“ほら、女の人でも、赤毛の人なんか、なんだか病気がうつりそうでしょう”と真剣に言っているのは、もう、ショック(自分が赤毛なだけに、ずきっと来たねぇ)。つまり、本当に存在するだろう、粗野なロシア人船員だけが対象ではないのだ!事の発端は、酔っ払いの船員が銭湯で暴れたとか、バーで暴れたといった事らしくて、実際の所、そういった人は困り者だし、被害を被った銭湯やお店の人は気の毒だ。でも、だからと言って、以降、全ての外国人(きっと、日本人と外見の変わらぬ中国人や韓国人は含まれない)が入場禁止とは、酷すぎる。酔っ払って騒動を起こすのは、どこの国の人だって同じだと思うけど。悲しい事だ。
(群馬の日本人と外国人が問題無く共存しているケースが紹介されていたけど、長く定住する群馬と、通り過ぎるだけの港町では、事情も違うみたい。)
でも、東京在住の、鮮やかな民族衣装が黒い肌に美しい、アフリカ出身の学生(?)(テレビによく出る人らしい)が曰く、“面白い。こうして、白人も差別される悔しさや悲しさを、少し解かった方がいい”らしき事を言っていたのが、印象的だった。そう、遠い昔から、肌に色による差別はあった、白い程偉くて、濃い程偉くない、みたいな。奴隷として長く苦渋を噛み締めてきた多くのアフリカ人達のシニカルな目には、今、こうして日本人から差別されて騒ぐ白人達の姿が、一種、滑稽に見えるのかもしれない。彼等には、比べ物にならない程、重い過去が、ある、いや、現在も。
差別は、二つある。上記のタイプの“見下し”の他に、“見上げ”差別もある。長身金髪碧眼の白人、或いはストリートファッションがぴったり決まる黒人を見て、“カッコイイ!”と騒ぐ、主に、若者。訳も無く嫌うのとは反対に、訳も無くちやほやする。それはただちやほやしているだけで、その外国人を本当に好きで、大切に思っている訳ではないのだ。だから当の外国人も、それに気付いた時は、失望する。うわべだけだったのか、と。これもまた、差別なのだろう。以前、とあるクラブでの話を、中国人から聞いた。白人や黒人の客はフリーパスなのに、自分達アジア系はそうじゃない、自分達だって外国人なのに、と。
日本は世界的にも珍しい、島国・単一民族の国で、しかも農耕民族だ。昔から、皆、髪と瞳は黒いのが当然で、皆同じ宗教で、皆で力を合わせて田畑を耕してきた。つまり、“出る釘は打たれる”社会になって当然だったのだろう。人と違ったり、人より目立つのは、駄目なのだ・・・。更に外国人の存在が、多くの日本人にとってまだまだ実際には、遠いのだろう・・・欧米では、親が違う国の人で子供がいわゆる混血(良くない言葉だ)、というのは、当たり前な位、普通の事だ。それに比べれば、日本人は随分と、純血(ますます嫌な言葉だ)だなぁ。外国人が外から入って来るっていう事に全然慣れていないから、対処できないのかな。
もう数百年、こうして暮らしてきた日本人が、急に外国人と混ざり合うというのは、難しいだろう。でも、ここでも例の東京のアフリカ人の言葉が良かった。“それでも、理解し合うことは、できるはずだ”そうだよね、まず、お互いを理解しなくっちゃ。

因みに、友人のアメリカ人やフランス人やイタリア人やポルトガル人の中に、臭くてキタナイ人は、居ません!むしろ、お洒落で自分に似合うコロンとか上手に使っていて、いい匂いがしたりする・・・。
[PR]
by micak | 2001-05-22 03:56 | 時事・春夏秋冬
春飛び越して、夏、etc。
いやぁ、暑い!日曜から三日、いきなり夏になっちゃった。天気良過ぎで、霞がかかったり。お庭の桃と梨がこの暑さで、慌てて咲き出したよ。日当たりの良い所では、ライラックも咲き出して。(家のは、日陰だから、まだだよ。)サンダル出して、日焼け止め塗って、ドリンク冷やして。でも、明日からは涼しくなるみたい。

毎日、色々細々あって、なかなか気持ちにゆとりが無いなぁ、この頃。暇があると、テレビでイチロー見たり、ちょこっと勉強したりするし。とても、日記や手紙を書く心境じゃない。このサイトも、全く更新される気配無し・・・。

More
[PR]
by micak | 2001-05-16 03:54 | 時事・春夏秋冬
休みは映画にコンサート。
今日も、珍しく休みだったので、“スターリングラード”を観に行った、映画観るの、久しぶり♪自転車で行ったんだけど、中島公園が奇麗だったなぁ。桜も梅もこぶしも咲いていてさ。ちょっと寒かったけどね。豪華な春が遂に来たって感じ。映画については、“Les Films”に書いてみた。
映画の後、札幌にも遂に上陸した、スターバックスに行ってみようと思ったんだけど、なんと行列待ちだったから、断念。この分じゃ、少なくともGWが終わるまでは待った方がいいんだろうな。先日、シアトルの新聞に、“東京の街を歩けば、ワン・ブロック毎にスターバックスがある。人々はウィンドウズで仕事をし、休暇にはボーイングの飛行機で旅に出る。日本人はこれまで随分我々からの恩恵を受けてきたが、今、日本からの大きな恩恵を賜っている。”とイチロー・佐々木について書いてあったけど、これからは札幌市民もシアトルを身近に感じるんだろうなぁ。実際、友達も言ってたけど、シアトルと札幌は似ていると思うよ。確か、神戸と姉妹都市で、札幌はポートランドなんだけど。地方のモダンな大都市。車をちょっと走らせると、そこはもう豊かな大自然。冷涼な気候。ITビジネスの可能性が大きく、新しい物や人を受け入れ易い、オープンな雰囲気。港は無いけどさ。プロ野球チームも無いし、バスケも無いか。そしてあっちには、雪が無い・・・。
ともあれ、エスプレッソ好きとしては、コーヒー競争が起こって、安くて美味しいエスプレッソが気軽に飲めるようになるのは、嬉しいなぁ。(毎日、家でマグカップで飲んでいても、そう思うよ。)

さて、明日はコンサート♪
[PR]
by micak | 2001-05-02 03:53 | 時事・春夏秋冬


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧