トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:音楽( 9 )
珍しく邦版なこの夏のヘヴィ・ロテ。
d0032633_374310.jpgこの夏は。
結構暑かったにも拘わらず、
とうとう一度も海には行けなかった。
まあ、友達とのスケジュール合せも簡単ではないし
基本忙しいし。
だが花火大会を堪能したし、小樽にも行ったし、
新しいビア・ガーデンにも行ったし、悪くはなかった。
そうした夏中、お世話になったCDがある。
所謂ヘヴィ・ロテである。

More
[PR]
by micak | 2011-09-11 03:24 | 音楽
Fado/Tango de Cristina Branco.
d0032633_6334730.jpg最近入手したCristina Brancoのアルバム。
その名も“Fado/Tango”。
題名から既に引力を感じる。
で、その引力に素直に従って買ってみたのだが。

More
[PR]
by micak | 2011-05-14 06:44 | 音楽
Ordinary World。
d0032633_424557.jpgF1の予選が始まるまで、とついうっかり観てしまった。
NHK-BS2の“黄金の洋楽ライブ”を。

More
[PR]
by micak | 2009-04-19 10:18 | 音楽
Alatristeで歴史!そのⅤ、と言うより今度は浅く古楽器話。
d0032633_315435.jpg・・・・話が随分逸れた。
思いつくままに書き流しているので、当然なのかも知れないが。
とりあえずAlatristeに話を戻してみよう。
そう、サントラ!

More
[PR]
by micak | 2009-03-20 03:54 | 音楽
Vicente Amigo【Poeta】、海へのオマージュ。
d0032633_6265930.jpgステファン君のフラメンコに何故こんなにも嵌ってしまったのかと言うと、
勿論、音楽が素晴らしいからでもあるという事で、ビセンテ・アミーゴのCDを購入。
・・・そもそも昔からロドリーゴの“アランフェス協奏曲”に涙したとか、
ビゼーの“カルメン”やラヴェルの“ボレロ”を筆頭とする仏作曲家達のスペイン・ネタ音楽も好きとか、
アルベニスやグラナドスやファリャも好きだし、
“スペインのサティ”ことフェデリコ・モンポウも大好き、
ジプシー・キングスだって某時代劇で使われる以前から好きだった(微笑)という具合なので、
別に流れとしては驚く事ではないのだが、
ただ、知らなかったというだけなのだ・・・・全く、世の中、知らない事が余りに多過ぎる!

手にした“Poeta”は。
ラファエル・アルベルティの詩をベースに綴られた、まるで一大交響詩。
このCD一枚が詩集。
所々でステファン君の演技が脳裏を掠めるが。
悲哀に満ちたメロディーが、ドラマティックなオーケストレーションが、
繊細で時に甘く時に華麗で時にシャープなギターが、寂れた嗄れ声が、
陰影の強い地中海のパノラマを見せて・魅せてくれる。
・・・スペインの詩人と言えば専らロルカばかりで、
Rafael Albertiも知らなかった・・・・(情けない)。

カディスを知らない。
カディスの海も知らない。
浜辺の松林も知らない。
松林から吹き付ける浜風も知らない。
レタマも知らなければ、
灼熱の砂丘も、靴に入るその黄金の砂も知らない。

だが、寄せては返すその音の波に身を委ねると
額に吹き付ける潮交じりの風も
じりじりと肌を焼く灼熱の陽光も
砂丘の砂に取られてしまう足も
目をつぶっても残像が残る強いコントラストの風景も
熱く濃い血を持つの人々の生き様も
感じる事ができる。

何故なら、海が好きだから。
[PR]
by micak | 2008-04-18 07:18 | 音楽
North Jam Session '07
台風の接近に伴う雨が心配されたが、なんとか。
チケットは某コネから芝生自由席をゲット。
ただ、2時から夜まで続く演奏のプログラムが分からない。
サイトでも出演者がアップされているだけで、
誰が何時頃登場するのかが分からない(ケチ!)。
興味があるのは、
マリーンとエディ・パルミエリ&ブライアン・リンチ・ジャズ・カルテットと上原ひろみ。
ファンの人には申し訳ないが、大黒 摩季には興味は無い。
6時間以上も聴く気は無かったので、夕方から行く事にした。
まあ、大物は早い時間には出てこないだろうと。
普段は車で行く芸術の森だが、
折角のオープン・エアのコンサートで飲めないのは辛いので、
地下鉄&バスで行く。
友達と真駒内駅で待ち合わせ。
雨は辛うじて降らないが、曇天で蒸し暑い。

More
[PR]
by micak | 2007-08-07 03:46 | 音楽
“Perfume”サントラ。
d0032633_4243645.jpgRadioheadのCD発売を待って、やっとPerfumeのサントラを手にした。
(まとめてHMVに注文していたので。)
コレ、ヤバイ。
この音楽無くしてこの映画は有り得ない云々とは以前も述べたが。
ヘヴィロテになりそう。
特に、短い“Lost Love”と、映画を観つつも感動した“Meeting Laura”が素晴らしい。
余りにも、美しい。余りにも、哀しい。
重厚な弦の響きが思いを一層深める。
絶対にréaliser(実現)される事のない、愛と幸福。
それらを得る手段を知らなかった、強く求めていたはずなのに。
そんな天才の悲しき性。
同様に才能を持ち合わせながら、
一般人としての幸福を得られず、若くして死んでいった過去の偉大な芸術家達に思いを馳せる。
“Lost Love”は雪のしんしんと降る厳冬の夜にも合うな。
ヴォリュームを上げて(周囲に迷惑なので、ヘッドフォン)、目を閉じて聞けば、
深い淵に吸い込まれていく様な、眩暈と幻想。
・・・・もし、映画を観ていなかったとしても、このサントラ、気に入ったに違いない。
映画も音楽も、阿片の如く・・・甘く危険な、さましく、“香り”。
[PR]
by micak | 2007-04-14 04:25 | 音楽
07/01/2006 Maria Ritaのコンサート@Porto
今日の午後、ポルトへ戻る。
此処Vidagoへは、大きなトランクをポルトに置き去りにして身軽で来ているので、
まとめる荷物も無い。
チェックアウトも済ませてしまって、さて。
もうVidagoの村は見物してしまったし、昨日のマッサージで疲れが出たのか、
だるい。
なので、ホテルの優雅な談話室で新聞や雑誌を見て、だらだらのんびりすることにした。d0032633_4214059.jpg
大体、こういう田舎のホテルだと、する事と言えば
散歩か読書か談話かビリヤードかカード位しか無くて、他のお客さん達も結構のんびりだらだらしている。
(いや、附属のテニスコートでテニスしたり、コースでゴルフする、というのはあるのだが。)
新聞に歌手のインタビュー記事が載っている。
勿論、きちんと全部読む語学力は無いので、斜め読み。
なかなか素敵そうな、ブラジル人女性、Maria Rita
丁度今夜、ポルトでコンサートがあるらしい。
どうしようかな。ポルトに着いてから、元気だったら、行ってみようかな。

続きはコチラ♪
[PR]
by micak | 2006-01-29 04:08 | 音楽
Musical Baton。
遂にsungsaさんから回って来た、コレ。
でも、一体何なんだ、コレ・・・・?

【Q1】PCに入ってる音楽ファイルの容量は?

えーっ?PCで音楽聴きながら作業したりしないし、
まだメディア・プレイヤーも持っていないし・・・。
知人にコピーしてあげる(ナイショ!)為のが僅かに16.1MBばかり・・・。
(無意味な質問だよなぁ。ファイル容量の多さを自慢しあうワケ?)

d0032633_47468.jpg

【Q2】いま聴いてる曲は?

“Keep The Dream Alive(Oasis)”と言いたい所だけれど、
今は静かな涼しい夏の夜、“Adoro Lisboa(Madredeus)”。





d0032633_443986.jpg
【Q3】最後に購入したCDは?


そろそろ真夏ですからねぇ~Bossa!♪
NHKラジオ講座で使われていて、欲しくなったコレ。
“Ma Chère Et Tender (Henri Salvador)”。




【Q4】よく聴く、または特別思い入れのある曲を5つ

さて。英ポップ&ロックやら米オルタナやらテクノやらワールドミュージックの話をしても、
どうせ大したこと無いので、クラシック音楽でも。
『第二楽章で行こう!』・・・(全てが二楽章というワケではないけれど)。
眠りに就く時、或いは一人欧羅巴の列車に揺られ感傷に浸る時、
癒されたり、ビューティフルな孤独を感じるのに相応しい、アダージョな曲達。

d0032633_4103327.jpg
①Gustav Mahlerマーラー:交響曲第5番第4楽章Adagiettoアダージェット
『ヴェニスに死す』。これを聴きながら夜、繋がれたゴンドラ達が波に揺れる様を一人眺める・・・。
もしくは人気の無い冬のリドのビーチを歩く・・・・やり過ぎ?







d0032633_412141.jpg
②Maurice Ravelラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調第2楽章Adagio assaiアダージョ・アッサイ
天国へ行くようなふわふわした心地良さのまま、眠りに落ちます・・・・危険?



d0032633_4152274.jpg


③Samuel Barberバーバー:弦楽の為のアダージョAdagio for Strings
『プラトーン』『エレファント・マン』『アメリ』等に使われました。
泣きたい時、その哀しみを更に煽って悲劇の主人公になれます・・・・おナル?











d0032633_4141790.jpg

④Sergei Rachmaninoffラフマニノフ:Vocaliseヴォカリーズ
これまた超センチメンタル&ロマンチック・・・・夢見過ぎ或いは現実逃避?









⑤Allessandro Marcelloマルチェッロ:オーボエ協奏曲ニ短調第2楽章Adagioアダージョ
バロックは良いのが沢山あるのだけれど、昔、初めて好きになったバロック音楽、思い出の一曲。
ヴェニスの愛』で使われたらしいけれど、観た事は無いと思う。
まだ西も東も分からない様な年頃に、バッハの名曲とかではなく、コレ。やっぱり伊太利亜好きになる素養?

なんだか“アダージョ100%”みたいな曲揃えだな。
もしくはコレ等にフォーレとモーツァルトのレクイエム加えて、“自分の葬式で使いたい曲集”とか。いや、実際そうして欲しいところだけれど・・・・。

・・・・マルチェッロの画像、見つけれなかった・・・。
それから、手元にある本では、“Allessandro”ではなく、“Benedetto”となっていた。
二人は兄弟ならしいが・・・・うっ・・・・っ!また調べるべきネタが登場かっ!!

【Q5】バトンを渡す相手5人

えーっ?そんなに広々とブログっているワケでもないので、ブログ友達も少ないしなぁ・・・・。
これってブログやっている人限定なのかしらん?
[PR]
by micak | 2005-07-14 04:27 | 音楽


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧