トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:雑( 114 )
ワールド・トレード・センター。
全く、初めに映像見た時は、ダイ・ハードみたい、って思ったよ。酷いね・・・。
NYに行った時のアルバムを出してみたんだ。ブルックリン橋の向こうから撮った、WTCが入っている写真がある。WTCの展望台からの写真がある。入場券も、パンフレットも、或る。夕暮れのマンハッタンが美しい。夜のマンハッタンは更に美しい・・・。この景色ももう今は無い、と思うと胸が痛む。
“ジハード・自爆”とのたまうラディン氏の映像も、テロ成功を聞いて喜ぶ人々の映像もうんざり、多くの罪も無い人々の命を奪い、傷つけたテロ行為は許せないけれど、アメリカよ、報復はしてくれるな、報復は報復を呼び、戦いは終わらない。それより己を振り返り、なぜテロを仕掛けられるのかを考え直して欲しい、そしてその根元の問題解決に努力して欲しい。“目には目を”というのは、キリスト教の思想ではない。
自国の産業発展の妨げになるからと、エコロジーや平和に逆らう前世紀的発言をしてみたり、あちこちの紛争に首を突っ込んで、イニシアティヴを取りたがったり、まあ、アメリカという国が世界一強くて経済力があるのは相変わらず事実ではあるけれど、地球はアメリカを中心に回っている訳ではないし、皆が心からアメリカを愛している訳でもない。ある意味、プロパガンダの国、無知・無神経な国だと思う・・・。もう少し、謙虚になって、周りを見て欲しいな。自国土で戦争を経験していないから、痛みが分からないのかな。やっぱり所詮まだ若い国だから、未熟なのかな。
反米的な事、書いちゃったなぁ。アメリカ好きな人が読むと、怒るんだろうなぁ。或いはいつまでたってもアメリカに頭の上がらない、腰抜け日本が怒るのかな・・・。

でも、“Let's fight!”と何かにつけ言っちゃうアメリカ人って、やっぱり、カウ・ボーイ?
[PR]
by micak | 2001-09-14 03:18 |
強さ。
その、パリ祭の三次会、カフェ・ブルターニュでのこと。
一緒に行った一人が、何やら悩んでいるみたいで(勿論、恋愛)、しまいには泣き出しちゃったんだ。まあ、酔っ払ってたしね。通訳のお友達と一緒に、“自分を大事にして”とか“そんな事、気にしてちゃダメよ、前向きに行かなくっちゃ”とか“自分を磨くのよっ!”とか慰めてたんだけど、“違う、違う、あたしは駄目なの”って、あんまり効き目は無い。
それどころか、“だって、カワイイじゃない、羨ましい”と言われて、ちょっとビックリ。同性に言われる事って、まず無いからね。そりゃ、カワイイ格好している時は、自分でもまあまあかな、と思うし、取りあえず、個性は強いんで、目立つ。でも、もっと奇麗な人はいくらでも居るし、ファッションモデルみたいにもっとスラリとしていたらなぁ、とも思うし、色々悩みは或る。それに、その彼女だって、なかなかチャーミングなんだよね。・・・どうも彼女には、モテモテで、恵まれていて、何の悩みも無い様に見えたらしいけど、それは、違う。目立つが為に敬遠される事もよくあるし、大体、自分が好きなタイプじゃない人に声掛けられても、ちっとも嬉しくはない。恵まれてはいるかも知れない、家庭環境に於いては。
でも、命を落とし兼ねない病気を患って、その治療の為に多くのチャンスも夢も未来も記憶も失った、社会復帰するのにも何年も掛かり、気付くと、空白の数年間、知らぬ間に歳を取ってしまっていた・・・残念ながら、カワイイという形容詞が使える世代ではないのだ・・・ようやく落ち着いて、自分のペースが分かってきたかな、と思ったら、今度は親が病気。普段、自由な時間はあまり無くて、夜遊びに出掛けるのも年に数回。あんまり幸福な人生とは、言えないと思うけどなぁ。
すると、横に居た、フランス人のマダムが、“あなた達は、強いからね。ワタシは彼女の気持ち、分かるわ、ワタシは一人でバス乗って、モン・サン・ミッシェルになんか、行けない(カフェ・ブルターニュだからね、彼女に旅行の話をしていた)”と。強い、と言われているフランス人女性に。これにもまた、びっくり。確かに、一人で海外旅行行って、見知らぬ土地を歩き回ったり、何でも割と一人でやってしまう、それは一種の強さかもしれない。でも、単に度胸があるだけだと思うのだけれど。それとも、度胸がある事を強い、と言うのだろうか?・・・人には見えなかったり聞こえなかったり感じられなかったりする事に、気付いてしまって、傷つく事がよくある。気を使い過ぎて、ストレスを感じるのは、毎日だ。枕が変ると、眠れない。
それでも、強いと言えるのだろうか?
通訳の彼女は、強いと思う。タフだ。タフでなければ、通訳はできない。でも、我々が知らない弱さを、きっと彼女も持っているに違いない・・・。

あーあ、パリ祭の時、ネックレスしてたらさ、首がかぶれちゃって、まだ痒い・・・。
[PR]
by micak | 2001-07-18 04:05 |
フェルナンド・ペソア。
ポルトガル語を勉強している関係で、大詩人、フェルナンド・ペソアの詩集を読んでるの。
(大体、以前は、こんな偉大な詩人が存在した事自体、知らなかった・・・まだまだ無知だよな。)
今まで、あんまり気に入った詩人って居なかったけどさ(生き様や思想が好きってのはあったけど、詩自体が好きな詩人って居なかった)、
この人のは、好きだなぁ。いいなぁ。“自然も神も美も存在しない、其処には花や木や石がただ在るだけだ”みたいなの、いいなぁ、それでいて、神や自然をとっても愛しているの。“見ることより他に私達の富はない”、そうだよなぁ・・・。
もっとポルトガル語、勉強して、原文が読める様にならなくっちゃ!
[PR]
by micak | 2001-03-27 03:48 |
オペラ座からの便り&・・・。
う〜〜ん、忙しかったぁ・・・。
月曜日は、大変。午前中、仏語習いに行って、
家でブランチの後、仕事に行き、九時まで。労働時間としては、たいした事ないんだろうけど、神経使うから、消耗する。夕食後、いろいろしたい事があったのに、気付いたらテレビつけっぱなしで、寝てた・・・。

ところで、パリ・オペラ座から、手紙が来てたの。えっ、何かな、冬休みにパリでバレエ観るのにネットでチケット購入、張り切って行ってはみたものの、ストライキ。払い戻しはすぐにしたんだけど、何か問題あったのかなぁ・・・。でも、そのお詫びと、もしまだ払い戻ししていないのだったら云々、という内容だったの。なぁんだ。遅いけど、ちゃんと詫び状をメールじゃなくて、手紙でくれるのは、エライよね。
まあ、それ以前に、そんなにストライキするなよって感じかな。

さて、もう寝ないと、まだ週初めなのに、参っちゃう・・・。
[PR]
by micak | 2001-03-06 03:45 |


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧