トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
スポーツから次々と手を引く企業の姿に見る今の日本の“薄い”豊かさ。
d0032633_6592518.jpgWRCでのスズキの成績が良くなってきている事に関しては、
先日英国ラウンドの際にごくごく軽くではあるが、触れた。
“頑張った”と。



その矢先、F1からのホンダの撤退に続き、スズキのWRCからの撤退が発表された。
折角今期から参戦、終盤には良い感触で来期が楽しみだったのに。
ドライヴァーのPer-Gunnar Anderssonもなかなかのパフォーマンスを見せていたのに。
そして。
スバルは大丈夫なのか?・・・と思っていた・・・・025.gif
不安は的中、スバルも撤退を発表してしまった!007.gif
これは結構大ニュースである、ホンダのF1撤退より・・・。
最近のF1ではフェラーリ、マクラーレン、BMW、ルノーが強く、
今年度のコンストラクターズ・ポイントでもトヨタは5位だったが、
ホンダは9位に終わっている。
かつては強かったのだが・・・・。
だが、WRC界では。
スバルはシトロエン、フォードに次ぐ強豪だ。
今のマシンは今一つらしく近年は万年マニュファクチャーズ・ポイント3位状態だが、
90年代に伝説の名ドライヴァー、
コリン・マクレーが操っていたのも、インプレッサだった・・・・。
日本ではそもそもモーター・スポーツがマイナーだし、
ポピュラーだとしてもせいぜいF1、“WRCって何?”な状況なので
そのニュースの震度もさして大きくはないが、欧州では激震だ・・・・。
そして企業の撤退はモーター・スポーツに限った事ではない。
女子サッカーのTASAKIペルーレFC然り、
アイスホッケーの西武プリンス・ラビッツ然り。
スキージャンプの伊東大貴に至っては
土屋ホーム退社以降、スポンサーを探しながらの試合参戦、なんと気の毒な事か!
不景気でどの企業も首が回らない状況なのも分からなくはない。
だが、だからと言って簡単にチームや選手を捨ててしまうのはどうかと思う。
チームや選手が単なる宣伝でしかなかったというのが、何とも寂しい・・・・。
日本は豊かな国のはずだ。
実際、日本人の暮らしは豊かで日本人は相変わらず“金持ち”だ。
だが。
今回、たまたまスポーツから企業の撤退が立て続けにあったので取り上げたが、
芸術の世界でも似た様な事が言えるのではないだろうか。
そこで思うのは“日本の文化度の低さ”だ。
スポーツや芸術は衣食住からは外れる。
無くても一応、ヒトは死にはしない。
しかし、人間の真に豊かな暮らしとは何だろう・・・?
例えば此処180万大都会札幌にもオペラハウスは未だ無い。
海外の観光客を惹き付ける様な素晴らしい美術館も、無い。
人々が気軽に美術館やコンサートや映画館に頻繁に足を運ぶ環境にあるかと
問われれば、
残念ながらまだ敷居が高いと言わざるを得ない。
お金持ちの方々が芸術に投資しているという話もなかなか聞こえない。
芸術が暮らしに浸透しているとはまだ言い難い。え?先進国なのに?
スポーツはどうか。
野球はまあまあ浸透しているか。
だが、サッカーは相変わらず若い世代のモノだし、
他の種目はどうか?
スポーツは芸術よりは敷居は低いのかも知れないし、
暮らしに浸透しつつあるケースも若干見られる。
だが、まだまだ。
つまり、一企業のお金が無くても、
他の企業が、そして人々が自分達の美術館やチームを愛して育て守る、
そういうスポーツや芸術が自分の体の一部の様な感覚がまだ無いと思えるのだ。
例えばバルサの様に。
ビルバオのグッゲンハイム美術館の様に。
おや?偶然共にスペインになってしまったが・・・。
景気が悪くなってきたので節約の為に無駄を削る、
それは当然だろう。
ではスポーツや芸術が“無駄な事”なのか?
それを生業とし、それに命を懸ける人々には申し訳ないが、
日本には未だそういうスポーツや芸術をどうでもいいと認識する風潮が残っているという事だ。
残念ながら。寂しいが。
仮にスポーツや芸術を推奨する態度を見せても、
その下心はやはり金儲けだったりするのが現状だったりする・・・・。

いや、日本が先進国にあるまじき状況を呈しているのは
こうした事のみではない。
これまた最近多い、妊婦のたらい回し。
安心して子供を産めない環境だなんて、それでも豊かな国と言えるのだろうか?
文化度どころか基本的人権すら疑いたくなる。
お金だけあってもこんな薄皮のような表面的豊かさでは、実に頼りない。
もっと分厚く、確実な成熟した豊かさを得る為には
社会も個人もじっくり努力をしなくてはならないのだろう。
そう気付いて歩みを始めている人も若干居るだろうが、
それがもっと大きな流れになり、実現されるには時間が必要だ。
生きているうちには、多分無理なのだろうが・・・・。
[PR]
by micak | 2008-12-23 07:21 |
<< 本日のStéphane☆【28... 本日のStéphane☆et ... >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧