トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
“300”ついでに古代ギリシャ、そのⅡ。
d0032633_9465352.jpg前回の記事、分かり難い部分等があったので、補足修正しておきました。
で、その、例の情けない疑問。
トロイア戦争は何時かと言えば、紀元前1250年頃とかBC1195-BC1184等という説がある。
アレキサンダー大王が登場するのはBC356年。
なので、直接テルモピレーの戦いとは関係しないが。
どちらもスパルタとは繋がりがある。

①トロイア戦争の種となったヘレネはスパルタ王Μενέλαοςメネラオスの妃。
ヘレネはゼウスとレダの娘。ゼウスは勿論、ギリシャ神話の神の中の神。
ギリシャ神話に突入すると、また話が壮大になるので、此処では置いておいて。



②ペルシア戦争の後、アテネとスパルタの権力争いが激化、
ペルポネソス戦争(BC431-BC404)勃発。
アテネが敗退という結果に終ったが、
長く激しい戦いは各ポリスを疲弊させ、勝ったスパルタはスパルタで、
皮肉な事に急に財力が流れ込んできた為に貧富の差が生まれて
かつての強固な連帯感は損なわれ、没落していく。
ギリシャ北方のマケドニアの王ΦίλιπποςフィリッポスⅡ世はΧαιρώνειαカイロネアの戦い(BC338)でギリシャ同盟軍を破って全ギリシャを統一。
その息子アレクサンドロスⅢ世(アレキサンダー大王)がイッソスの戦い(BC333)で
ダレイオスⅢ世率いるペルシアに勝利、
更にガウガメラの戦い(BC331)でも勝ち、遂にペルシア帝国を滅亡させる。
d0032633_88180.jpg
ポンペイの有名なイッソスの戦いの壁画。
左にアレキサンダー大王の姿も見えるし、マケドニア式ファランクスも何気に分かる。

さて。
映画に戻ろう。
コミックが原作なので史実と異なる点もあるし、史実に忠実な点もある。
いや、別にコミックが原作でなくとも、それはいつも付きまとう問題だが。
最も問題なのはペルシアの扱いか。
より邪悪により退廃的に描かれてしまっているのも、悪役だから仕方が無いか・・・。
この頃のペルシアはゾロアスター教である。
イスラム教が生まれるはるか以前の話だ。
イスラム教ですらよく分からないのに、ゾロアスター教だなんて!
分からないモノはとりあえずおどろおどろしく不気味に描いておくか!・・・・そんな乗りなのだろうか。
d0032633_8254863.jpgクセルクセスⅠ世があんな姿だなんて、有り得ない!!
←クセルクセスか父ダレイオスの像。
イラン辺りの人がこの映画に腹を立てるのも無理は無い。




それに、この頃はペルシアは凄い。その帝国はヘラスなど及びもつかない、世界最大級である。
勿論、それを統治する王が無能なはずはなく、
ダイレオスもクセルクセスも“大王”と呼ばれている。
d0032633_840241.jpg

d0032633_995952.jpgクセルクセス役をロドリゴ・サントロというキャスティングもどうなのか。
まあ、あれだけ塗りたくってしまえば誰でも分からない?
浅黒い肌で背が高ければ誰でも良かった?
いや、“面白い”という点ではとても良いのだが・・・
アラブ系の顔からは程遠い・・・・。
もう一人、ディリオス役のディヴィッド・ウェナム
ヘレネスに金髪碧眼が皆無とは思わないが、人種的に著しく異なるのでは?
まあ、彼はアウトサイダーな語り部なので、構わないのか・・・。

それからスパルタンは確かに訓練は裸で受けたかも知れないが。
実戦で裸というのはこれもまあ、有り得ない。
“分かり易くする為に裸にした”らしいが、実際は鎧を身に付けていた。

一方、史実に忠実と思われる点は。
ホプリタイ(重装備の歩兵)が密集して防御攻撃を行うというφάλαγξ ファランクス。
BC2450のシュメールの碑石に既に描かれていたという、
古代エジプトでも似たような隊列が採用されていたらしい。
スパルタで戦術として成熟し、
マケドニアで更に発展、アレキサンダー大王の世界制覇の武器となる。
アレキサンダー大王の時代には巨大なホプリタイ軍だけではなく、
軽装歩兵、軽騎兵も加わってより強固となり、
ペルポネソス戦争で旧式ファランクスのギリシャ連合を打ち負かした訳だ。
d0032633_934117.jpg

d0032633_9411673.jpgスパルタンの盾の文様は、スパルタの所在するΛακωνίαラコニア県(?)の頭文字、
Lambda“Λ”を使っていた。どれどれ?
d0032633_9414127.jpg
本当だ・・・・。

※資料: Wikipedia日/英/仏語版、帝国書院ユニバーサル新世界史資料、旺文社研究世界史
※人名・地名を古代ギリシャ文字で表記してみたかったが、文字化けする幾つかは放置。

[PR]
by micak | 2007-07-06 09:47 | 映画
<< MUSIC LEGS。 昨日のユアン、今日のユアンvo... >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧