トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
春まで、もう少し。
3月になってから急激に日が長くなってきて、6時近くまで明るい。
降雪の為に歩いた方がマシかと思わせる程どうしようもなく渋滞して、
実際仕事に遅刻したり・しそうになったりする事が、年に1・2度あるのが常なのだが。
アイスバーンを運転するストレスで神経が磨り減るのが常なのだが。
今年は暖冬で雪も少なく、除雪も運転も楽だった。
既に自転車も出せる様になっていて(自転車を置いてある隣の廃屋は
雪に埋もれて近付けない)、今週末にはチェックしようかと。
根雪が完全に消える日もそう遠くないのだろう。
そんな春の予感にわくわくする3月の終り。
季節の変わり目は天気が猫の目の様に変わる。
先程までの穏やかな天候が突然崩れ、一瞬、吹雪。
それは一陣の風の如くあっという間に過ぎたのだが。
その後、ふと外に目をやると、音も無く、しんしんと雪が降っている。
向こうの山々も、白樺の林も、未だ無彩色。
その雪の軽さが、外気の冷たさを語り、
手前の原っぱの処女雪の眩しい白さが春を拒む。
まだ冬の力は衰えていないと、力強く主張する。
そして思い知るのだ、まだ、春が来るからと浮かれてはいけない。
それはゆっくりと来る、人々を焦らしながら。
本州の春のニュースに惑わされてはいけない、
此処は冬が絶大な力を持って支配する、北国なのだ・・・。

d0032633_7414829.jpgBGM;今年没後100年のノルウェーの作曲家、グリーグのピアノ叙情曲集より“メロディー”。
ロシア音楽にも言えるが、気候風土が北海道と似ているので、何の説明がなくても色々とよく解る。
澄んだ空気や水の冷たさ、深い森、長くて寒い暗い冬、水の滴る美しさの涼しい短い夏、そんな香りが共通する。
[PR]
by micak | 2007-03-29 02:02 | 時事・春夏秋冬
<< 昨日のユアン、今日のユアンvo... 昨日のユアン、今日のユアンvo... >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧