トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
墺太利ミニトーク。
d0032633_3195682.gif忙しい、と言いつつも。

北海道オーストリア協会主催のミニトーク&コンサートに行ってきた。
某フリーペーパーに“ただでモーツァルトが聴ける!”とあったので
(いや、実際そんな風には書いてはいなかったのだが)、
電話予約して行ってみた。



ウィーン国立音楽大学の学長が講演をして、
その後、旭川で行われていた“ウィーン国際ヴァイオリン・セミナー”に招かれていた
三人の若きヴァイオリニストのプチ・コンサート。
まず。
日仏協会関係のパーティーや会合には何度も、
日伊協会関係のパーティーにも一度参加した事はあるが、
“ゲルマン系”のは、初めて。
“ただ”に釣られて来たフリーの人が多いのか、
明日も祭日なので来れる人が多いのか、
なかなか盛況である。札幌市長夫妻も来場。
うーん、でも理由はそれだけではなさそう。
この雰囲気では、この協会の活動は結構盛んそうだし、
会員や興味を持っている人の数も多そう。
オーストリアって仏蘭西よりずっと小さな国なのにな。
負けている、仏蘭西!
やはり以前、北大には独文露文はあれど仏文が無くて
仏が若干遠い存在だったとか、
何かと縁があるのはどちらかと言うと独だったとか。
姉妹都市もミュンヘンで、お互いビールの街とか。
・・・・独逸寄りなのは札幌に限らず、日本全体に言える模様だが。
お互い勤勉な性質なので、近親感が持てるとか。
同盟国だったとか。
クラシック音楽と言えば、独逸とか。
(あ。オーストリアではなくて、独逸で語ってしまった・・・。
独逸とは違いますよね、若干。一緒にしてしまってスミマセン。)
一方、ラテンの気質は今一つ馴染めないとか。
美術文学ファッションは素晴らしいけれど、音楽は分かり難いとか。
なので、未だにマイナー感が拭えない、仏・・・・。
それに、仏人及び仏に染まっている日本人は、
協調性に欠ける我侭な人が多くて、こうした会合等があっても、我関せずだとか。
兎に角、此処は盛況。
そして、その場の色が。・・・・・地味なのである。
うーむ、やはりこれもゲルマン色か!
集う人々の服装はその殆どがグレー等アースカラー、女性も髪を染めている人が殆ど居ない。
仏関係だと(伊でも)、やはりアートやファッションに携わっていたり、
それ等が好きな人が多いから、お洒落な人が多くて会場の雰囲気も華やか。
単に身なりが華やかなだけではなく、表情や話し方もあでやかだったりする。
ふーん、なるほど、こういう場でも、こういう風に違うのね!

ミヒャエル・フリッシェンシュラガー名誉学長は、柔らかな語り口の、
ジェントルかつサンパな方。
講演としては、まとまりが無かった感が否めないが。
何と言っても、言葉が全く分からぬ状態で話を聞くのは、辛い・・・・(いや、通訳の方は居たのですが)。
三人のヤング・ヴァイオリニストの演奏は、
皆軽めの短い曲で、楽しかった。とても。
いいなぁ、ヴァイオリンは・・・・・ムズムズ・・・・やりたい!(コラコラ!!)
三人共、実はオーストリア人ではない。カザフスタン、ウクライナ、セルビアの人。
ウィーン音大もそうか。
・・・・札幌キタラの専属オルガニストだって、ストラスブール製のオルガンだという絡みで、
一応仏から招かれているが、
実際来る仏人はたまに・で、出身地はハンガリーやスペインや独逸だったりする。

三人は国籍も違えば、音の個性も違う。
その違う個性がぶつかったり、接近したり、絡み合ったりして重なる、
それが豊かで楽しい。
プログラム最後の、J.Hellmesberger“3つのヴァイオリンとピアノの為のセレナーデ”って知らなかったが、良いな。
並行4度から5度、dim、aug、6度と蝶が戯れるかの如く彷徨い、展開して8度へ、みたいな。

会場は某ホテルの宴会場だったのだが。
もう少し天井が高かったら、もっと音の響きも良かっただろうに。
演奏の時には、会場の照明をもっと落として欲しかったな・・・・。

忙しい日々を送っていると、心がささくれ立ってくるけれど、だからこそ、
時にはこうして新鮮な空気を吸わせ・水をたっぷり与え、瑞々しさを回復させるのは、
大切だ。
[PR]
by micak | 2006-09-18 04:26 |
<< 昨日のユアン、今日のユアンvo... 忙しい・・・。 >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧