トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
聖アガタ。
カターニャ(シチリア)の守護聖人は、聖アガタだ。
一昨年、彼の地に滞在して、
それはもうあちこちにアガタの文字、アガタの肖像とある(クリスマスのイルミネーションも、アガタ!)のを目にして、
“守護聖人なのは分かるが、何故こんなに他の街より熱心?”とぼんやり思ってた。
それに関しては、“聖アガタのおっぱい”というお菓子があるらしいという話が某所で持ち上がったのみで、それっきりになっていたのだった。
が、昨日、前に古本市で入手した美術書を拾い読みしていて、“!”
聖アガタについての記載があったのだ。

ローマの長官の求愛を拒み、乳房を切り取られる厳しい拷問にかけられた。

・・・・ここまでは知っている。

アガタの死に際して地震が起こり、火山が噴火したが、彼女のヴェールが溶岩を防いで人々を守ったと伝えられる。
このため、アガタは地震、火山噴火、火災の守護聖女とされている。


なーるほど!
だから、エトナ山の噴火に悩まされ続けてきたカターニャの守り神なのか。

更にネットでも少し検索してみる。

アガタは、シチリア島のカタニアの貴族の家に生まれた。教養もあり、大変美しかったアガタは、島の知事から結婚を申しこまれたが拒否したため怒りをかい、キリスト教徒であった彼女は法廷に引き出された。当時はローマ皇帝によるキリスト教弾圧が激しく、信仰を捨てさせるためアガタは乳房を切り取られるという拷問を受けた。衰弱しきってもなお祈り続ける彼女のところに聖ペトロが現われて励まし、奇跡的に傷が治ったといわれる。決して信仰を捨てない彼女はついに炭火と焼けつく石の上を引きずられ、牢獄の中で息を引き取った。(中略)
エトナ火山が爆発したとき、彼女の遺物によって町を救ったと伝えられることから、火災予防の守護の聖人とされている。
女子パウロ会“Laudate”より引用させて頂きました。)

あら、大筋は同じだけれど、微妙に違う様な・・・。
兎も角、アガタはカターニャ出身。
ただ単に火山噴火の守護なだけではなく、生まれ故郷だった。
そりゃ、カターニャ人のアガタへの思い入れも2倍になるワケだ。
(そう言えば、あの盛り上がり様は、他の街の丁度2倍位だったかもしれない・・・。)

欧州を旅して、絵画を見て周ると、キリスト教の知識が必要不可欠になる。
いや、芸術に限らず、あらゆる面で。
聖書の物語の登場人物については少し分かってきたみたいだが、
聖人のストーリーとなると、まだまだ。
もっと勉強が必要だという事だ。

地震、火山噴火の守護、ということなら、日本にも必要なんだろうな、聖女アガタ。
九州沖地震、及び再発したスマトラ地震で被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。
d0032633_55910.jpg

因みにアガタの日は2月6日。今日3月30日は、聖ヨハネ・クリマコの日。
[PR]
by micak | 2005-03-30 05:02 | 雑学
<< 聖バルバラ? 風邪。 >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧