トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
春近し、でも・・・・。
火曜日から突然春になった。
雪が、みるみる解けていくよ・・・。
血税と労力を費やして作り上げられた雪山(除雪された雪はダンプで雪捨て場に運ばれ、山に積み上げられる。で、今年はその山も見事なまでに大きい)も、
結局は水の泡、溶け流れていってしまう。嗚呼、無常。

兎も角、大きい道路ではHoldを解除して、80㌔で走る、高速でなくても・市街地でも(コラー!)。
無造作に発進しても、ブレーキ踏んでも、大丈夫。
♪、♪、♪、と飛ばして走る人が多いから(自分も含め)、北海道は事故が多いのだ・・・。
でも、一方小さな道は。・・・三菱パジェロが欲しくなるプチ・パリダカ?
ぐちゃぐちゃに壊れた、もはや道とは言えぬ様な道をぐわんぐわんと行く。
柔らかくなった雪に嵌っている車がほら、あそこにも。
ゆっくり、でも止まらない様に、よく見極めて進まないと、自分も嵌っちゃうよ!

そんな水曜日、いつもの様に乗馬レッスン。
・・・・馬場は大丈夫なのか?
いや、やっぱり大丈夫ではなかった。柔らかい雪&泥に馬の足が嵌る。
足元を気にして、下を向いてしまう馬を色々に動かすなんて、無理。
で、危険なので、ただぐるぐる速足しただけで、レッスンにならなかった。
それでも乗って楽しいのは変わりないし、耳の先端にまでびっしり冬毛が生えていて、まるでロバかぬいぐるみみたいなジェニファーは相変わらず可愛い。
それに、速足ももっと正しく・美しくできる様になりたいのだ!
・・・夕方になったら冷えるだろうと、今までと同じ、ダウンにウサギの耳当てのスタイルで臨んでいたのだが、
“耳当てはもう要らないでしょう!今日は暑いですよ”と笑われてしまった。
確かにインストラクター達は、薄いウィンドブレーカー姿だ。
でも、暑いと言っても、せいぜい7℃位だと思うのだが。
この温度、秋なら“寒い、寒い”ともっと厚着をする所だろう。
けれども、冬の寒さに慣れた体にはその温度がもっと暖かく感じるのだ。
それは此処だけの話ではなく、街中でも。
厚くて重いコートにうんざりしていた人々が、多少無理をしてでも、軽装をする、春が待ちきれなくて。

でも、今、また雪が降っている。しかも、激しく。
溶けて薄汚くなっていた雪が、また純白の輝きを取り戻す。
薫る緑の季節までは、まだ、しばし、・・・・待て。
[PR]
by micak | 2005-03-19 04:48 | 時事・春夏秋冬
<< リーガ・バルサで思う事、and。 お誕生日おめでとう! >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧