トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
寒い。・・・それから、橋の話。
もう殆どヴァカンスの余韻も消え、日々の辛い(?)営みが淡々と続く・・・。

この冬は、本当に寒い。たまに氷点下10度以下の朝がある、というのは、毎年のことだけど、帰ってきてからずうっとだいたい毎日!まあ、外回りの仕事な訳じゃないから、室内は暖かいから、そう大変でもないけどね。車の鍵穴とか、ウィンドウォッシャー液とか凍っちゃう。

夕べ、一ヶ月以上ぶりに、プールに行った。(正確には、サン・マロのタラソ・プールでちょっと泳いだから、約一ヶ月か。)イタリアやフランスやポルトガルに居て、沢山飲み食いして太る、ってことはないのだけど(沢山歩くし、緊張感あるからね)、ここの所、風邪とか、休みボケで体調悪いと、家でゴロゴロしているので、体が重い感じ。
で、プールで泳ぐと、やはり気持ちがいい。外は冷凍庫だけど、すっかりあったまって、ホカホカ。
帰り道、いつもの橋の上に差し掛かると、前方に煙が。雪を積んだトラックでも居るのかと思ったけど、そうではない。霧が出ているにしては、範囲が妙に狭い。・・・多分、川から上がって来る、湯気!信号待ちで、丁度橋の上で止まったので、左右を見てみる。やっぱりそうみたい。川がもくもく煙っている。それだけ寒いということなのだ。家はこの川の傍にあり、部屋からも見える。ずうっとそういう環境に住みながら、未だかつて“川から立ち上る蒸気”というのは、実際に見た事が無かった。ちょっと奇麗だった。
思えば、橋の上というのは、いつも、どこでも、そこはちょっと違った小宇宙で、好きだ。こんな、家のすぐ近くの何の魅力の無い橋ですら、晴れた昼間は、遠くの樽前山が見えると奇麗だし、下の川の水の色とか、量とか見るのも楽しい。プール帰りの夜、左手にミュンヘン大橋のライトが、右手にダウンタウンの灯かりが見えるのが奇麗だし冬は更に、前方のスキー場のオレンジのナイターライトが奇麗だ。いきなり壮大になるけど、パリのポン・ヌフとか芸術橋とか、フィレンツェのヴェッキオ橋とか、ヴェネツィアのリアルト橋とかため息橋とか、ポルトのドン・ルイス二世橋とか、いいなぁ。
橋というのは、人間にとってとても大切なもので、それは道路以上に様々なドラマがある。しかも道路と違って、建造物として見る事もできるので、それ自体の美しさというのも、ある。普段、地に足が着いている人間にとって、それが無いというのは、一種特殊な精神状態を導くと思われるし、その橋が世界を分かつという事もしばしばで、ロマンがある。(因みに、家の傍のその橋は、中央区と豊平区の境目。これはロマンチックじゃないなぁ。)
そう言えば、幼い頃は、橋を渡るといえば、それだけで、嬉しかったなぁ・・・。

明日は少し、寒さは緩むみたい。
[PR]
by micak | 2001-01-20 03:40 | 時事・春夏秋冬
<< パパの誕生日。 憂鬱かも。 >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧