トップ

寒い!
by 札幌窓辺のねこ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ソムリエに思う。
某デパートで催されていた、伊太利亜展に行った。
また、だ。
もうこの手の○○展というのはいい加減マンネリなのだが、
食材を入手する為、行かざるを得ない。

で、当然ワインも買う。

・・・いつも思うのだが。
良い感じのワイン売りとかソムリエって居ないものだなぁ、と。
それはただ自分が良いソムリエに出会った事がまだ無いだけの話なのか?
でも、それにしてはいつでもどこでも、出会うワイン売り・ソムリエは、
あまり感じが良くない。
どういう風に感じが良くないのかと言えば、
ずばり、偉そうにお高く留まっている。
これでいいのか?
こういうサービス業の人達って、まずはお客様ありき、ではないのか?
あ。
これってちょっと良いレストランやカフェのギャルソンにも言える。
・・・ギャルソンについては確か随分前に、述べた事がある。
お客より上に構えているギャルソンなんて、間違っている。
ソムリエだって、同様。
確かにソムリエになる為に勉強しただろう。
フランスやイタリアやナパ・ヴァレイに留学したかも知れない。
だからと言って、威張ってどうする?
お客に仕えるのが、ギャルソンやソムリエではないのか?

・・・どうも、日本のあるサービス業はそういう所が間違っている気がする。
間違っているというより、まだ遅れているのだ。
意識が低い。
ギャルソンの話の際、巴里の某有名レストランに入った時の事を引き合いに出した。
勿論、料理は素晴らしかった。
だが、最も感動したのは、熟練ギャルソンの、完璧なサービスだった。
当時、豊かではない留学生はシャネルを着ていたワケでも、
ヴィトンを持っていたワケでもなかった。しかも、若い。
夜は高くて入れないので、ランチにしたのだった。
場違いなのは分かっていたが、一度そういう一流店を経験したくて、
友人達と頑張って行ったのだった。
だが、そんな我々でも、ギャルソンは決して見下したりはしなかった。
それがプロなのだ、と思った。
翻って、そうした場合の日本のウェイターやソムリエの態度はどうだ?
プロ意識に欠けているとは言えないか?

日本人は礼儀正しく、日本はサービスのとても行き届いた国だと言われているし、
実際そうだ。
だが。
別なある角度から見た時(しかもそれは決して少なくない)、あまりの礼節の欠如や悪いサービスに幻滅したり、うんざりしたりするのは
ちょっと、いや、かなり悲しいな・・・・。
[PR]
by micak | 2005-10-27 06:34 |
<< 今シーズンは? 本日のワイン⑬。 >>


Remarque!

★メインサイト、
Mica's Websiteはこちら!


UNICEF for Children;
Unite against AIDS Campaign

チームマイナス6%に参加しましょう!






Villarreal C.F.
Arsenal
Kimi
Stéphane
最新のトラックバック
三月の雨/三月の水
from オン・ザ・農道。
ブログ消滅!?ココログ終..
from ココログ終了のお知らせ!?
「宮廷画家ゴヤは見た」(..
from シネマ・ワンダーランド
冬の旅行
from 冬の旅行
開花する・・・・?
from Mot, Palavra, ..
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ライフログ
カテゴリ
タグ
(104)
(85)
(85)
(67)
(60)
(45)
(42)
(41)
(35)
(34)
(33)
(28)
(27)
(25)
(23)
(18)
(17)
(14)
(12)
(11)
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧